ニュース
» 2020年11月12日 20時00分 公開

死んだ恋人がさまよい歩くのを見た―― 会えない相手を探し続ける漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

不思議でもの悲しくて、いろんなことを考えたくなる話。

[ねとらぼ]

 死者がさまよい続ける町を描いた漫画「会えないひと」が深く響きます。作者はWebで漫画を公開している電気こうたろう(@gurigurisun)さん。

亡くなった人がさまよう町の、不思議でもの悲しいお話

 亡くなった人がさまよい続け、ただ自らを弔うように歩き続ける。主人公が住むのはそんな町です。亡くなった大切な人を探している人もいますが、みな絶望の表情で足を引きずるようにして歩いています。

 「ああはならない」という思いで、主人公は母を探そうとはしませんでした。しかしある日、恋人がさまよっているのを目にしてしまったのです。そのときから囚われてしまい、恋人を探し続ける主人公。

死んだ恋人を探し続ける中ですさんでいく主人公

 ひどい顔つきになり、人に恐れられ、馬鹿にされているような目を向けられ、足を引きずり……やがてガラスに映る顔が自分だとは思えないほどに変貌してしまいます。残飯をあさり、路上で眠る日々。それでも彼は、恋人を探し続けます――。


 次第にすさんでいき、かつて「ああはならない」と思っていた姿に変わっていく主人公。それでも失った人を追い求める姿、恋人への強い思いは心を揺さぶるものがあります。彼が最後にどうなったのか、読んだ人によってきっと解釈は変わるでしょう。大切な人や大切なことに思いを巡らせ、いろいろなことを考えたくなる余韻が残るお話でした。

 電気こうたろうさんはエッセイ漫画や不思議な創作漫画をTwitterとnoteで公開。noteには初めての人向けに作品をまとめたページも用意されています

画像提供:電気こうたろう(@gurigurisun)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」