ニュース
» 2020年11月12日 07時45分 公開

『大人の科学マガジン』の名作付録「万華鏡プロジェクター」が復刻 動くキラキラ模様を壁や天井に投影できる

寝る前に使ったら、リラックスできそう。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 『大人の科学マガジン』の名作復刻シリーズ第3弾として、あの「万華鏡プロジェクター」が復活します。12月10日発売で、価格は2980円(税別)。


『大人の科学マガジン BESTSELECTION03 万華鏡プロジェクター』の表紙 『大人の科学マガジン BESTSELECTION03 万華鏡プロジェクター』

 2006年発行の『大人の科学マガジン 投影式万華鏡』の付録を一部仕様変更した改訂版。液体の入った試験管の中をガラスビーズが移動し、ゆっくりと変化する模様を模様を壁や天井に投影。まるで万華鏡の中に入り込んだかのような感覚が味わえます。


万華鏡プロジェクターで投影した様子 いろいろなところに投影できます

 レンズ交換式で、10センチから2メートル以上まで投影可能。真上から真横までレンズの向きを変えられるので、好きな場所に映すことができます。キットを組み替えれば、直接のぞいて使うこともできます。


万華鏡プロジェクターの外観 首が可動式なので投影角度を変更可能

 試験管のオブジェクトは自由に変えられるので、世界にたった一つだけの模様を作ることができます。試験管は2本が付属。中に入れるものによって、まったく違う模様が生まれます。説明書ではさまざまな例を紹介しています。


万華鏡プロジェクター、オブジェクトの説明 説明書ではいろいろなオブジェクトの例を紹介しています

万華鏡プロジェクターの試験管 付属のガラスビーズ以外にも好きなオブジェクトを入れて楽しめます。

 組み立て方はイラストでていねいに説明。慣れていない人でも40分ほどで完成します。さらに説明書には組み立て方と使い方のほかに、万華鏡作家依田満・百合子夫妻のインタビューや、万華鏡のしくみ解説などを掲載しています。



高橋ホイコ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10