ニュース
» 2020年11月12日 17時52分 公開

ピクシブ、バーチャル空間での即売会イベントを2021年1月30日に開催 サークル参加の申込を受付中

3Dアバターで交流できる夢の即売会。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ピクシブは、バーチャル空間でのオンライン即売会イベント「NEOKET(ネオケット)」を2021年1月30日に開催することを発表。コンセプトサイトでサークル参加の申し込みを受け付けています。



 即売会ならではの新しい創作や人との出会いを、現在のコロナ禍でも楽しむことができるイベントとして開催。

 3Dアバターを利用したモーションやボイスチャットにより、他のサークル出展者・一般参加者とコミュニケーション可能で、1つの「ワールド(空間)」に同時に1000人、「NEOKET」全体では同時に1万人以上が参加できるとのこと。


NEOKET ネオケット pixiv バーチャル空間 オールジャンル 即売会 オンライン即売会「NEOKET」の特長

 自身の3Dアバターを持っていない人向けに、NEOKET用のオリジナル3Dアバターも複数用意。また同社が運営する無料の3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」を通じて、手持ちの3Dアバターを利用することも可能です。

 サークル出展者は、自身のサークルスペースのポスター、テーブルクロスなどを好きな画像に設定することで、空間をカスタマイズ可能。作品は総合マーケット「BOOTH」への登録で頒布でき、一般参加者はバーチャル空間で立ち読みして、そのまま購入できます。

 サークル出展費・一般参加者の来場費はともに無料。既刊のみの参加も歓迎しており、サークル参加の申し込み受付は12月6日まで。抽選結果の連絡は12月中旬頃の予定です。参加に必要なアカウントなどはコンセプトサイトで確認できます。


NEOKET ネオケット pixiv バーチャル空間 オールジャンル 即売会 用意された複数のオリジナル3Dアバターから選んで参加できます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10