ニュース
» 2021年01月14日 18時00分 公開

【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】腕に龍を描いて、その上から包帯を巻いていた……って何の意味があるんです?(1/2 ページ)

上級者の包帯コーデ。

[ねとらぼ]

 ネットに広まる真相不明の情報を追究する、ねとらぼ都市伝説調査班。今回は「中二病で包帯を巻いていた人は、本当にいるのか」というリサーチを行ったところ、「包帯を巻いて学校に行ったら親を呼び出されることになって卒業した」という人物にお話を伺う機会を得た。報告を行う。

腕に龍を描いて、包帯を巻く



 中学1〜2年生のころ、中二病で包帯を……巻いてました。今思えばすごく恥ずかしいです……。

―― 巻き始めた理由はなんですか?

 今思えば、小2くらいのときに友達に「妖怪が見える」「実は吸血鬼なんだ」とか言っていました……。それから、一緒に歩いているときに急に「危ないっ!」と叫んで「ここは危険だから遠回りをしよう」とか。

 他には100均で買った鎖(?)みたいなものを部屋に飾って、電気を全部消してロウソクだけで過ごしたり、黒い自由帳に「黒魔術」と書いて適当な呪文作ったりしていました。

 包帯はこじらせ続けて、という感じです。「何かを封印している的な感じがカッコいい」と思っていたのかと。包帯を解いたらそれが覚醒する……みたいな。

 巻き方はアニメやマンガのみようみまね。けっこう前の話なのでもうあまり覚えていませんが、『NARUTO』のロック・リー、『幽遊白書』の飛影、『中二病でも恋がしたい』がけっこう好きでした(包帯とは関係ありませんが、『コードギアス』のルルーシュに本気で憧れていました)。

 あとは、腕に龍を描いたうえで、その上からわざと緩めに包帯を巻いたりもしていました。

―― 龍?

 緩く巻いた包帯がちょっとはだけて、腕が見えてもいいように、みたいな。

―― なるほど、「選ばれし者に宿る聖獣の刻印」のようでカッコいい。ところで、巻くのをやめたきっかけは何だったのでしょうか?

 学校にも巻いて通っていたんですが、自分はもともと腕が細く、おまけに包帯ときて、あるとき先生に呼び出され「大丈夫か」と聞かれました。

 でも、当時の自分は反抗するのがカッコいいと思っていたので「さあ、どうだろうね」的なことを言って……。

―― お年頃。

 それで学校に親を呼び出され「恥ずかしいからやめろ」と言われて、やめました。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」