ニュース
» 2020年11月15日 12時00分 公開

アイドル好きを父に責められ…… 氷川きよしファンのおばあちゃんが助けてくれた漫画が感動的(1/2 ページ)

おばあちゃんの言葉がどれも刺さる。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 俳優やスポーツ選手、漫画のキャラクターなど、手は届かなくとも大好きな“推し”を持つ人は多いはず。中には推しがいることを否定された経験がある人もいるのではないでしょうか。Twitterユーザーのこぐれ(@kogure38)さんが投稿した漫画は、さまざまな推しを持つ人たちを励ましてくれました。

推し オタク 励まし おばあちゃんの愛が深い

 漫画はこぐれさんがアイドル好きのアラフォーの知人から聞いた話を元に描いたものです。ある日知人は父親に「いつまで10も20も歳が若いアイドルに現(うつつ)を抜かしてるんだ!」と、ひどく責められたそうです。現実を見ろ、とまで言われて涙ぐむ彼女。そんな孫の姿を見たおばあちゃんが父親、つまり自分の息子をにらみました。

 「私は80だけど(氷川)きよしちゃんが好き。きよしちゃんと私、37歳離れてるけど私にもおんなじこと言うの?」。推しを持つ者同士、孫が責められていることが他人事のように思えなかったようです。

推し オタク 励まし

 その後も息子をピシャリ。「なんで年寄りになると生き甲斐を責められなくなるのに、若いと生き甲斐を責められるの?この子にとって生きる理由が一個増えてるの」。おばあちゃんは彼女がアイドル好きなのを“生き甲斐”と言ってくれました。

 そしておばあちゃんの氷川きよしさん愛も爆発。「きよしちゃんのおかげで生きられるのよ。この子も一緒! 私がボケないのもきよしちゃんのおかげ! きよしちゃんに感謝しな!」

 おばあちゃんの心強い言葉に感動して、彼女は号泣したそうです。なんてステキなおばあちゃんなんだ……!

 このツイートにはおばあちゃんの言葉に感動する人や、自分が何かを推していることを肯定されて喜ぶ人など、多くの反応が届いています。誰かを推すことは、結婚やお付き合いしたいという気持ちよりも、見届けたい、見守りたい、応援したい、という気持ちの方が近いものです。年齢も性別も、時には次元も関係なく、推しを推し続けていきたいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響