ニュース
» 2020年11月15日 12時00分 公開

アイドル好きを父に責められ…… 氷川きよしファンのおばあちゃんが助けてくれた漫画が感動的 (1/2)

おばあちゃんの言葉がどれも刺さる。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 俳優やスポーツ選手、漫画のキャラクターなど、手は届かなくとも大好きな“推し”を持つ人は多いはず。中には推しがいることを否定された経験がある人もいるのではないでしょうか。Twitterユーザーのこぐれ(@kogure38)さんが投稿した漫画は、さまざまな推しを持つ人たちを励ましてくれました。

推し オタク 励まし おばあちゃんの愛が深い

 漫画はこぐれさんがアイドル好きのアラフォーの知人から聞いた話を元に描いたものです。ある日知人は父親に「いつまで10も20も歳が若いアイドルに現(うつつ)を抜かしてるんだ!」と、ひどく責められたそうです。現実を見ろ、とまで言われて涙ぐむ彼女。そんな孫の姿を見たおばあちゃんが父親、つまり自分の息子をにらみました。

 「私は80だけど(氷川)きよしちゃんが好き。きよしちゃんと私、37歳離れてるけど私にもおんなじこと言うの?」。推しを持つ者同士、孫が責められていることが他人事のように思えなかったようです。

推し オタク 励まし

 その後も息子をピシャリ。「なんで年寄りになると生き甲斐を責められなくなるのに、若いと生き甲斐を責められるの?この子にとって生きる理由が一個増えてるの」。おばあちゃんは彼女がアイドル好きなのを“生き甲斐”と言ってくれました。

 そしておばあちゃんの氷川きよしさん愛も爆発。「きよしちゃんのおかげで生きられるのよ。この子も一緒! 私がボケないのもきよしちゃんのおかげ! きよしちゃんに感謝しな!」

 おばあちゃんの心強い言葉に感動して、彼女は号泣したそうです。なんてステキなおばあちゃんなんだ……!

 このツイートにはおばあちゃんの言葉に感動する人や、自分が何かを推していることを肯定されて喜ぶ人など、多くの反応が届いています。誰かを推すことは、結婚やお付き合いしたいという気持ちよりも、見届けたい、見守りたい、応援したい、という気持ちの方が近いものです。年齢も性別も、時には次元も関係なく、推しを推し続けていきたいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ