ニュース
» 2020年11月15日 17時39分 公開

世界初「タガメを使用したクラフトジン」登場 フルーティーな“タガメのフェロモンの香り”が楽しめるお酒

タガメを使用した蒸留酒は世界初とのこと。

[宮原れい,ねとらぼ]

 コオロギラーメンやコオロギビールで知られる「ANTCICADA(アントシカダ)」から、辰巳蒸留所(岐阜県郡上八幡)と共同開発したタガメを使用したクラフトジン「First Essence Tagame Gin」が発売。305本の少数生産で、取り扱いのある酒販店での販売となります。価格は税込6000円。


タガメ 使用 クラフトジン First Essence Tagame Gin 「First Essence Tagame Gin」(500ml ※ラベルデザインは田中健太郎氏)

 使用されているタイ産のタイワンタガメは、日本に生息しているタガメよりも強い香りを持ち、特に繁殖期のオスのフェロモンは、「洋梨や青りんごなどを思わせるフルーティーな芳香」が特徴的。その可能性に着目して商品開発を続ける中で、蒸留によって洗練された香りのみを抽出できる「ジン」は最適だと考え、今回のクラフトジンが開発されることに。


タガメ 使用 クラフトジン First Essence Tagame Gin 何度も試作を重ねて、最適なタガメの処理方法を独自に開発

 そして完成した「First Essence Tagame Gin」は、辰巳蒸留所が原酒として使用する粕取り焼酎の芳醇な香りと、タイワンタガメの持つフルーティな香り、ジュニパーベリーの爽やかな香りが絶妙にマッチした製品に仕上がったと言います。ちなみにボタニカルはジュニパーベリーとタガメのみ。

 季節の花や果実などを使用した魅力的なプロダクトを生み出している辰巳蒸留所の辰巳祥平さんは、「タガメのフェロモンの香りを体感したことがある人は、きっとタガメの気配を察知できることでしょう」とコメント。また「タガメがわからなくても洋梨は感じられるかも」とのことです。


タガメ 使用 クラフトジン First Essence Tagame Gin ボタニカルは「ジュニパーベリー」と「タイワンタガメ」のみ

タガメ 使用 クラフトジン First Essence Tagame Gin 明治時代に姿を消したと言われる「カブト窯式蒸留器」で蒸留

 ANTCICADAの東京・日本橋馬喰町にある実店舗やイベントでは、ドリンクとして提供予定。情報は公式Instagramアカウント(@antcicada.jp)にて随時発表されます。


タガメ 使用 クラフトジン First Essence Tagame Gin 料理人や研究者などが集うANTCICADAのメンバー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.