ニュース
» 2020年11月16日 13時00分 公開

腸内細菌を擬人化、うんこの報告でガチャが引けるゲーム「うんコレ」正式リリース 毎日のログインが健康管理に

擬人化された腸内細菌が、謎の新生物と戦います。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 腸内細菌を擬人化したスマートフォン用ゲーム「うんコレ」が、クラウドファンディングの成功を経て正式にリリースされました(関連記事)。救世主となって異世界「ウントピア」の平和を取り戻せ! ……って何の楽園だそこは。

 プレイヤーは世界でも珍しい腸内細菌の所持者。菌の力を「メディウム」にまとわせて「コロナイゼーション(変身)」させ、侵略者「クリーブス」と戦います。お前の菌で世界がやばい(良い方向に)。


うんコレ 擬人化腸内細菌が戦う「うんコレ」。決して擬人化ンコではない

うんコレうんコレ 召喚されるなり、世界の守護者「カンベンヌ」にディープな質問をされる主人公。この「カンベン(勧便)」がアプリの軸です


うんコレうんコレ プレイヤーの大腸菌が世界を救う

うんコレうんコレ コロナイゼーションしたメディウムのクリーブス退治。味方がオートで戦う間、プレイヤーはタップで敵の子分を撃退する

 最大の特徴は、課金の代わりに「カンベン(勧便)」でガチャが引ける仕組み。当日出た便の色と形状を報告することで、ガチャ用の石がもらえます。石の種類もごていねいに雲母(うんも)。


うんコレうんコレ 便に関する豆知識も

うんコレうんコレ 雲母でキャラクターを培養(ガチャ)し戦力増強(★1でした)

 石がもらえるのは1日1回。ログインボーナスのように毎日カンベンすることで、プレイヤーが健康管理に役立てられるのがアプリの狙いです。便の状態が良くない場合は、守護者「カンベンヌ」からのアドバイスも。

 なお、ボランティア運営でサーバー容量に限界があるため、リセマラのような故意の再インストールは控えてほしいと呼びかけています。

 ゲームの提供元は、消化器外科医が会長を務める非営利同人サークル「日本うんこ学会」。企画について、「医師が助けられない程に病気が進行する前に患者さん自身が異変に気付いたり、普段から医療情報に興味を持ってもらいたい」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む