ニュース
» 2020年11月16日 13時00分 公開

腸内細菌を擬人化、うんこの報告でガチャが引けるゲーム「うんコレ」正式リリース 毎日のログインが健康管理に

擬人化された腸内細菌が、謎の新生物と戦います。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 腸内細菌を擬人化したスマートフォン用ゲーム「うんコレ」が、クラウドファンディングの成功を経て正式にリリースされました(関連記事)。救世主となって異世界「ウントピア」の平和を取り戻せ! ……って何の楽園だそこは。

 プレイヤーは世界でも珍しい腸内細菌の所持者。菌の力を「メディウム」にまとわせて「コロナイゼーション(変身)」させ、侵略者「クリーブス」と戦います。お前の菌で世界がやばい(良い方向に)。


うんコレ 擬人化腸内細菌が戦う「うんコレ」。決して擬人化ンコではない

うんコレうんコレ 召喚されるなり、世界の守護者「カンベンヌ」にディープな質問をされる主人公。この「カンベン(勧便)」がアプリの軸です


うんコレうんコレ プレイヤーの大腸菌が世界を救う

うんコレうんコレ コロナイゼーションしたメディウムのクリーブス退治。味方がオートで戦う間、プレイヤーはタップで敵の子分を撃退する

 最大の特徴は、課金の代わりに「カンベン(勧便)」でガチャが引ける仕組み。当日出た便の色と形状を報告することで、ガチャ用の石がもらえます。石の種類もごていねいに雲母(うんも)。


うんコレうんコレ 便に関する豆知識も

うんコレうんコレ 雲母でキャラクターを培養(ガチャ)し戦力増強(★1でした)

 石がもらえるのは1日1回。ログインボーナスのように毎日カンベンすることで、プレイヤーが健康管理に役立てられるのがアプリの狙いです。便の状態が良くない場合は、守護者「カンベンヌ」からのアドバイスも。

 なお、ボランティア運営でサーバー容量に限界があるため、リセマラのような故意の再インストールは控えてほしいと呼びかけています。

 ゲームの提供元は、消化器外科医が会長を務める非営利同人サークル「日本うんこ学会」。企画について、「医師が助けられない程に病気が進行する前に患者さん自身が異変に気付いたり、普段から医療情報に興味を持ってもらいたい」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」