ニュース
» 2020年11月17日 16時35分 公開

PS5難民に朗報(?) PS5を購入した気分が体験できるゲーム「PS5 Simulator」が無料公開

通販で届いた箱の開封から楽しめ(苦しめ)ます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 品薄のプレイステーション 5を、せめて手に入れた気分だけでも――。そんな希望をそれなりにかなえてくれるPC用ゲーム「PS5 Simulator」が無料で公開されました。通販の到着からゲームの起動まで、新ハード入手で浮き足立つ(ここ重要)気持ちを存分に味わえます。


PS5シミュレータ これでPS5で遊べる(?)

 制作したのは海外ゲームファンのAlex Gradeさん。ゲームは一人称視点のアドベンチャーゲームといった体裁で、キッチンからナイフやハサミを見つけてきてPS5の梱包を解いたり、HDMIや電源をつないだりと、セットアップの段階から体験できます。


PS5シミュレータ 「念願のPS5が届いた!」から楽しめる

PS5シミュレータ いざ開封の儀! 絵面は物騒だけど

PS5シミュレータ どうしてこうなった

 しかし、どうやら主人公はかなり大ざっぱな人物らしく、箱を開けるだけで緩衝材を床にぶちまける始末。コンセントの位置もおかしくてなかなか接続がうまくいかず、プレイヤーは大量の延長コードを数珠つなぎにするなど、さまざまな対応を求められます。


PS5シミュレータ 倉庫で延長コード探し

PS5シミュレータ なんで短いコードばっかりこんな買ってんだよ!

 四苦八苦して本体の起動に成功しても、今度はコントローラーが見つからなかったり、Wi-Fiルーターが故障したりとトラブルの連続。物理演算がガバガバなゲームシステムもあって、対応するたびに家の中は目も当てられないほど散らかってしまいます。

 「PS5の入手」というよりもむしろ、「あわて者が失敗を重ねてあたりをめちゃくちゃにするタイプのドタバタコメディ」を体験できるこのゲーム。レアものへの飢餓感は埋まらないでしょうが、遊び方次第で何らかの憂さ晴らしにはなるかもしれません。


PS5シミュレータ 「二度とやらんわこんなクソゲー」もできます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響