ニュース
» 2020年11月17日 17時39分 公開

1日限定「爆音コンビニ」オープン 聴覚障害者が抱える「マスクで口の動きを読み取れない」問題を仮想体験

マスクが広まったことで困っている人たちがいる。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 クラブ(踊る方)さながらに大音量で音楽を鳴り響かせるコンビニ「爆音コンビニ DEAF-MART」が、1日限定でオープンします。爆音の中での買い物を体験するこのイベント、いわゆる「リア充」向けかと思いきや、実は「声が聞こえない」環境に身を置くことによって、聴覚に障害のある人たちが抱える「マスク着用で口の動きから相手の言っていることがわかりにくい」問題を考えようというものです。な、なるほど〜。


爆音コンビニ 爆音で聴覚が奪われる

 「爆音コンビニ DEAF-MART」はPRイベントなどを行う会社「人間」と、NPO法人「Silent Voice」が共同で開催するイベント。12月4日に東京都板橋区の某所で、60分ずつ3回に分けて実施されます。お客さんは事前に特設サイトから応募した人の中から抽選で選ばれ、各回2人2組ずつ、計12人が体験できます。


聴覚障害者はこんな状況で買い物をしている

 「コロナ禍」によって、マスクの着用が一般的になったことで、聴覚に障害を抱える人たちは、それまで可能だった「口の動きや顔の表情によって相手の言いたいことを読み取る」ことが難しくなりました。「爆音コンビニ」では、爆音による音声コミュニケーションが困難な状態でお客さんが買い物することで、聴覚障害者が抱える問題を実際に体験し問題の解決策を考えようと発案されたもの。


爆音コンビニ

爆音コンビニ

 抽選で選ばれたお客さんは、爆音の中で「いつも通りの買い物をする」というミッションをこなすことになります。しかし、レジで待つ店員は当然ながらマスクを着用しているため、口の動きが見えず聴覚も使えない状態になるというわけです。なお、爆音については専門家による指導のもと、人体への影響を配慮し調整するとのこと。

 主宰の「Silent Voice」は聞こえる人と聞こえない人が半数ずつ働く会社。「双方が尊重し合う文化を持たなければ仕事が進みません」と代表理事/CEOの尾中友哉さんはコメント。次のように続けます。「多くの会社では聞こえない、聞こえにくい人は圧倒的少数であり、その少数の人が困りごとを知ってもらったり対応してもらったりするために、大きなハードルがあることを知りました。本イベントでは少数派の困りごとに関心のない人にもいかに気付いてもらい、人が生きていくために欠かせないコミュニケーションの改善のきっかけにしていただけるかにチャレンジしました」。


爆音コンビニ

 誰かの「ふつう」は、別の誰かにとって「ふつう」じゃないこともある。そんなことを考え直すきっかけになりそうです。


爆音コンビニ

 「Silent Voice」では、聴覚障害者にとってマスク着用が大きな「壁」となっている状況を受け、導入コストが低く誰もが気軽に扱える解決策の1つとして、口元が見える「透明マスク」1万枚を配布するプロジェクトを立ち上げています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる