ニュース
» 2020年11月18日 18時00分 公開

足をケガし、動けなくなった犬を保護 先住猫と友情をはぐくむ姿に癒やされる (1/2)

これからも幸せに暮らせますように。

[k村,ねとらぼ]

 道端で動けなくなっているところを保護された犬が、心を開き先住猫と仲良くなっていく様子がYouTubeに投稿されています。

Dog Rescued From Side Of Road Gives His Cat Friend Kisses | The Dodo Foster Diaries

 足を怪我し、道端で動けなくなっていたところを保護された犬の「Ike(アイク)」。最初は怯えた様子でしたが、手術を受け病状もよくなり、少しずつ保護主さんに心を開いていきます。

 保護主さんの愛情あふれる手当てのおかげで、徐々に表情が明るくなっていくアイク。こちらを上目遣いでうかがうような表情から、保護主さんが近づくとしっぽをぶんぶん振ってよろこぶしぐさを見せるようになりました。


ALT 保護当時、怯えた表情を見せていました


ALT 明るい表情になったアイク

 そしてアイクは、保護主さん宅の先住猫Uno「ウノ」とも仲良しに! 初対面の時からお互い興味津々だった2匹は、すぐに仲良くなります。2度の手術を経て右後ろ足を失ったアイクに寄り添うウノ、保護主さんは「ウノがアイクの回復を助けてくれた」と語ります。

 保護主さんは今後、アイクの里親となってくれる家庭を探す予定とのこと。これからもたくさんの動物たちを保護するためにも、いつかはアイクを手放さなければならないんだそうです。動画では涙ながらに「アイクが幸せになれる、最高の飼い主を探してみせるわ」と、彼への愛を語っています。


ALT 先住猫ウノとベストフレンドに

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.