ニュース
» 2020年11月18日 12時28分 公開

ディスプレイが伸縮してサイズの変わるスマホをOPPOが発表 これはまさしく変態端末(1/2 ページ)

2020年も終わりに差し掛かったところですごいのが出てきた。

[コンタケ,ねとらぼ]

 中国の電機メーカーOPPO Electronicsが11月17日、深センで自社の発表会を開催しました。さまざまなプロダクトが紹介された中で、目玉として発表された新スマートフォン「OPPO X 2021」がとんでもなく斬新な機構とアイデアとなっており一部で注目を集めています。実用性が未知数過ぎる……!



OPPO X 2021 スマホ 変態端末 OPPO X 2021(以下画像はOPPOから)

OPPO X 2021 スマホ 変態端末 縮んだ状態

OPPO X 2021 スマホ 変態端末 広げた状態

OPPO X 2021 スマホ 変態端末 裏側の閉じた状態

OPPO X 2021 スマホ 変態端末 裏型の開いた状態

 「OPPO X 2021」の特徴は、ディスプレイが伸縮するところ。本体横に付いたスイッチをスライドさせると本体が中央から左右にスライドして大きくなるのですが、それに合わせてディスプレイも広がっていくのです。画面解像度もディスプレイの伸縮に合わせて6.7インチから7.4インチへ変わるようになっており、すごい未知の動きを感じます。

 この機構は、非常に薄い“巻ける”ディスプレイを内蔵することで実現したもの。普段は内部でディスプレイが丸まっており、本体を広げたとき一緒にディスプレイも広がることで伸縮できるようにしています。


OPPO X 2021 スマホ 変態端末 内部構造

 「OPPO X 2021」は現時点ではコンセプトデザインとなっており、発売日や価格などは未発表。今後実物をお目にかかれるかは不明ですが、一度は自分の手でディスプレイを伸縮させてみたいものです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10