ニュース
» 2020年11月20日 07時00分 公開

ノイズキャンセリング技術を使ったキングジムの「デジタル耳せん」に完全ワイヤレス版が登場

完全ワイヤレスで普通の耳せんのように使えます。

[PieCeLassique,ねとらぼ]

 キングジムが、雑音のみをカットする完全ワイヤレス型のデジタル耳せん「MM3000」を12月14日に発売します。価格は1万3000円(税別)。

MM3000

 同社が数年前に発売した、ノイズキャンセリング技術を使って環境騒音のみを遮断するデジタル耳せんを完全ワイヤレスにしたバージョン。ワイヤレスになったことで、本物の耳せん同様の感覚で使えます。

 内蔵された小型のマイクロフォンで周囲の環境騒音を収音し、マイクで拾った騒音とは逆位相(逆向き)の音波を発生させて騒音を相殺する高精度アクティブノイズキャンセリング機能を搭載。人の声やアナウンス、着信音など必要な音は聞き取れる一方、空調音などの騒音を最大約20dB (同社独自の測定法による)カットできるといいます。この機能は本体をケースから取り出すと自動的にオンになります。

ノイズキャンセリングの仕組み

 MM3000には持ち運びしやすいケースが付属。ケースにはバッテリーが搭載され、本体ははフル充電で約12時間、ケース込みで最長40時間の使用が可能です。電池残量は充電ランプ横のボタンで確認できます。

 本体色は黒色で普段使いしやすいシンプルなデザイン。イヤーピースは一般的な耳せんに多いオレンジ色です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10