ニュース
» 2020年11月21日 12時00分 公開

自分の親が“毒親”だと気付いて絶縁するまで――SNS発のエッセイ漫画『毒親絶縁日記』発売へ (1/2)

感情の起伏が激しい母親と助けてくれない父親のもとで育った作者の話。

[ねとらぼ]

 自分の親が“毒親”だと気付いて絶縁するまでを描いたSNS発のエッセイ漫画を書籍化した『毒親絶縁日記』(税別1100円)が11月30日に発売されます。

感情の起伏が激しい母親の顔色をうかがう日々……

 作者の北瀬ユズさんが2018年からInstagramに投稿してきた漫画「自分の親が『毒親』だと気づいて絶縁するまでの話」が書籍に。感情の起伏が激しく、怒鳴ったり無視したりして子どもを自分の思い通りにしようとする母親と、そんな母親を止めることもしない父親。そんな両親のもとで、母親の顔色を常にうかがって育った作者が、心をむしばまれる様子が描かれています。

 子どもを無視することをしつけとして誇らしげに話し、子どもにもらったプレゼントをすぐに「いらない」と人にあげる……漫画につづられている“毒親”エピソードはぞっとするものばかり。パチンコや借金に溺れる母親と酒浸りの父親に振り回されながらもよい子であろうとする作者の姿に心が苦しくなります。

 単行本では、「幼少期〜小学生編」「中学生編」「高校生編」「社会人編」「結婚〜絶縁編」を掲載し、最終話では初公開となる現在の生活や「親と絶縁し10年以上経った今、何を思うか」などを描いた描き下ろしも収録します。

『毒親絶縁日記』内容の一部

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」