ニュース
» 2020年11月21日 20時00分 公開

ありがちな「白ハゲ漫画」かと思いきや? 「Twitterに絵を上げても伸びない辛さ」を解決する予想外のオチに青汁吹いた(1/2 ページ)

“あるある”に“あるある”を重ねたら不思議と新鮮。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 SNSでの作品公開を純粋に楽しんでいた絵描きが、“いいね”などの数字にこだわる余り思い悩んでしまう――。SNSでありがちな、絵師の苦悩を描く漫画が、斜め上のオチへアクロバティックに着地して読者を困惑させています。タイトルは「Twitterに絵を上げても全然伸びなくて辛いという漫画」なんだけどな。


アイキャッチ 絵師が“いいね”の数に囚われて苦悩する漫画、Twitterによくあるけど……?


 1年ほど前に、Twitterで絵を公開し始めた主人公。最初はそれだけで満足していましたが、フォロワーやいいねが少しずつ伸びるにつれ、これらの数字を意識するようになります。


1P

2P

 ところがある日、主人公は自分以上に数字を稼ぐ後進が大勢いることに気付き、嫉妬を覚えることに。自分も負けじと新しい挑戦を試みるも不発に終わり、「何でこんな辛い思いまでして絵を描いているんだっけ?」「絵を拡散してくれない人が憎い」などと負の感情に落ちてしまいます。しまいにはストレスのせいで食事ものどを通りません。


3P

 ところが、3ページ目で展開は急変。ナレーションが第三者視点だったことが判明し、「Aさんは少ない量でも十分に栄養を補い身体に優しいものはないか探した……そしてたどり着いたのがこの青汁でした」と唐突に宣伝を始めます。

 主人公はいつの間にかインタビューを受けて青汁体験を語る「Aさん」扱いに。「伸びるようになったわけじゃないんですけど(笑)、青汁飲んで健康でお絵描き続けてたらいつか報われるだろって(笑)」と、元気そうに答えるのでした。いや、確かにそういうドキュメンタリー仕立てのCM、BSでよく流れるけど!

 “あるある”に“あるある”を掛け合わせてあまりない話に仕上げた漫画は好評で、「途中までいい話だったのに」「よくある途中で『また青汁か』ってなるCMじゃないか!」と、トリッキーなオチに惑わされながらも喜ぶ人が多数。作者のれもん茶(@Lemoncha08014)さんはほかにも、Twitterやネットの細かな話題をテーマに漫画を描いています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」