ニュース
» 2020年11月21日 20時00分 公開

ありがちな「白ハゲ漫画」かと思いきや? 「Twitterに絵を上げても伸びない辛さ」を解決する予想外のオチに青汁吹いた(1/2 ページ)

“あるある”に“あるある”を重ねたら不思議と新鮮。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 SNSでの作品公開を純粋に楽しんでいた絵描きが、“いいね”などの数字にこだわる余り思い悩んでしまう――。SNSでありがちな、絵師の苦悩を描く漫画が、斜め上のオチへアクロバティックに着地して読者を困惑させています。タイトルは「Twitterに絵を上げても全然伸びなくて辛いという漫画」なんだけどな。


アイキャッチ 絵師が“いいね”の数に囚われて苦悩する漫画、Twitterによくあるけど……?


 1年ほど前に、Twitterで絵を公開し始めた主人公。最初はそれだけで満足していましたが、フォロワーやいいねが少しずつ伸びるにつれ、これらの数字を意識するようになります。


1P

2P

 ところがある日、主人公は自分以上に数字を稼ぐ後進が大勢いることに気付き、嫉妬を覚えることに。自分も負けじと新しい挑戦を試みるも不発に終わり、「何でこんな辛い思いまでして絵を描いているんだっけ?」「絵を拡散してくれない人が憎い」などと負の感情に落ちてしまいます。しまいにはストレスのせいで食事ものどを通りません。


3P

 ところが、3ページ目で展開は急変。ナレーションが第三者視点だったことが判明し、「Aさんは少ない量でも十分に栄養を補い身体に優しいものはないか探した……そしてたどり着いたのがこの青汁でした」と唐突に宣伝を始めます。

 主人公はいつの間にかインタビューを受けて青汁体験を語る「Aさん」扱いに。「伸びるようになったわけじゃないんですけど(笑)、青汁飲んで健康でお絵描き続けてたらいつか報われるだろって(笑)」と、元気そうに答えるのでした。いや、確かにそういうドキュメンタリー仕立てのCM、BSでよく流れるけど!

 “あるある”に“あるある”を掛け合わせてあまりない話に仕上げた漫画は好評で、「途中までいい話だったのに」「よくある途中で『また青汁か』ってなるCMじゃないか!」と、トリッキーなオチに惑わされながらも喜ぶ人が多数。作者のれもん茶(@Lemoncha08014)さんはほかにも、Twitterやネットの細かな話題をテーマに漫画を描いています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も