ニュース
» 2020年11月21日 20時00分 公開

ゴリゴリのギャルが助けてくれた……! 「地下鉄あるある」に見舞われた人とギャルの優しさを描いた漫画が胸に染みる

こういう話、ずっと覚えてるよね。

[ねとらぼ]

 ブロガーのさやま(@sayama_diary)さんが、地下鉄で起きたちょっとすてきなエピソードを漫画にしています。


漫画エッセイ


漫画エッセイ

 出かけるときはいつもキャップをかぶっているというさやまさん。今から2年ほど前に当たるその日も、キャップを取り入れたコーディネートで、地下鉄に乗って移動していました。

 地下鉄を利用しているときに頻繁に遭遇するのが、出入り口での強風です。外に出た瞬間に吹く突風を、さやまさんは苦手としていました。その日も風は強く吹いていたため、さやまさんはちょっと身構えながら外へ続く扉を開きます。


漫画エッセイ


漫画エッセイ


漫画エッセイ


漫画エッセイ


漫画エッセイ

 その瞬間……さやまさんは案の定突風に見舞われ、キャップも一瞬で飛ばされてしまいました。さやまさん愛用の帽子はそのまま飛んでいき、たまたま駅を通りかかったゴリゴリのギャル2人組の足元に落ちたのです。こ、これは恥ずかしい……!

 「すっ……!! すいません……!!」。情けないところを見られた!と思ったさやまさんは、慌てて謝りました。しかしギャルのお姉さんは、さやまさんのことを笑うことなく、そのまま帽子を拾い上げ、「ほいっ!!」と言ってさやまさんの頭に優しく戻してくれたのです。


漫画エッセイ


漫画エッセイ

 「よくあるよくある〜」。2人のギャルたちは、さやまさんにそう言い残し、かわいく手を振って去って行きました。このできごとは、2年経った今も印象深く覚えているのだそうです。思わぬところで思わぬ人の優しさに触れた経験は、時間が経ってもすてきな思い出として残りますよね。

 ちなみにさやまさんは、ギャルの「ブレなさ」にあこがれてギャルを目指したことがあったそうですが、その時期が人生の中で最もブレていたそうです。かっこいい人になるって、難しい。

画像提供:さやま(@sayama_diary)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる