ニュース
» 2020年11月21日 11時00分 公開

デカァァァァァい! フェリシモから実物大「マグロ」クッション登場 近大監修で全長約150センチ

マグロ研究の第一人者による監修で近大マグロを本気で再現しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 フェリシモの生活雑貨ブランド「USEDo[ユーズド]」から、近畿大学と共同開発した実物大「マグロ」の布団収納クッションカバーが登場しました。成長3年目サイズの「マグロ成熟期」のオス・メスを再現した、マグロ好き向けアイテム……!


近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム 左が近大マグロの布団収納クッションカバー! デカい!(右は同時発売のぬいぐるみクッション)

 世界初のクロマグロ完全養殖成功で有名な「近畿大学水産研究所」監修により、“近大マグロ”のサイズや各部位の形やシルエット、「腹ビレは2枚」といった細かいディテールまでしっかり再現。さらに成熟期のオス・メスの色も、デニムの加工の濃淡で表現し、しっぽ部分の黄色いトゲや、胸ヒレが格納できる凹みはステッチで再現するなどしています。とにかくこだわりがすごい。


近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム 左「メス・オーシャンライトブルー」/右「オス・ディープシーブラック」 ※成熟期になるとオスは体が「真っ黒」、メスは「少し青みがかって見える」そうです

近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム 試作サンプルのチェックが行われた近畿大学水産研究所大島実験場(和歌山県串本町) ※写真は試作段階のサンプル

 部屋になじむデニム素材で作られ、中にオフシーズンなどで使わないシングルサイズの掛け布団をたたんで入れると、成長3年目サイズ(約150センチ)のふかふかクッションになる「布団収納クッションカバー」となっています。色移りしないよう「大トロ色の内袋」付きで、マグロの顔やしっぽの先には毛布やタオルなどを収納できます。

 種類は青みがかった色の「メス・オーシャンライトブルー」、黒い「オス・ディープシーブラック」の2つで、価格はどちらも9700円(税別)。


近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム 掛け布団をお腹部分に入れたらデカクッションになります

 また成長1年目サイズ(約50センチ)の近大マグロを再現した「ぬいぐるみクッション」も同時に発売。こちらもメス・オスの2種類で、価格はどちらも税別3900円です。

 フェリシモのWebサイトにてすでに販売中で、さらに養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」大阪店・銀座店でも販売予定です。ちなみにクッションができるまでの過程は公式ブログにて公開されています。


近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム こちらは成長1年目サイズのデニムで作った近大マグロの「ぬいぐるみクッション」

近畿大学 近大 監修 実物大 マグロ クッション ぬいぐるみ フェリシモ デニム 左「メス・オーシャンライトブルー」/右「オス・ディープシーブラック」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.