ニュース
» 2020年11月21日 12時56分 公開

凍らさなくてもクギが打てる「バナナ」登場 「クギを打つのはバナナ派の人」「いちいち凍らせるのが面倒くさい人」に朗報

さては「そんなバナナ!」って言いたいだけ?

[ねとらぼ]

 精密鋳造メーカーのキャステムが本物のバナナを独自の技術で金属化した「バナナハンマーDX」を製作。ECサイト「IRON FACTORY」において11月22日10時から販売します。ちなみに同日は「大工さんの日」!

そんなバナナ このバナナは食べられません

 フィリピン産の本物のバナナから型取りをし、そのまま自社が持つ精密鋳造技術を余すところなくぶち込んで金属化したため、バナナ特有のザラザラした質感などをしっかり再現。もちろんハンマーなので、ちゃんとクギを打つことができるという優れものです。マイナス40度の世界じゃなくても、バナナでクギが打てるという画期的な商品となっています。

 実はキャステム、2019年にもバナナハンマーを発売しており、当時も切り口のリアルさや実用品としても好評だったとのことですが、一方「思ってたのと違う!」「あのCMではバナナまるごとなのに!」「持ち手ついてるとかもうバナナハンマーじゃなくてただのハンマー」といった意見もあったといいます。キャステムはこの意見を真摯に受け止め、ちょっと方向性を変えてバナナハンマーを進化させるに至りました。

 「クギを打つのはバナナ派の人、バナナをいちいち凍らせるのが面倒くさい人、クギは打たないけど部屋にインテリアとしてバナナを飾りたい人、筋トレでバナナダイエットをしたい人」向けの商品だそうです。

 価格は“いいバナナ”ということで1万1877円(税込)。

本当にクギが打てるの? と疑問に思った方はこちら
そんなバナナ 2019年に販売したバナナハンマー。まだハンマーの姿を保っていた

そんなバナナ 2020年のバナナハンマーはクギも打てるくらい堅いバナナの姿に

※バナナには個体差があり、実際のバナナの色味・形が若干異なる場合がある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」