ニュース
» 2020年11月21日 12時56分 公開

凍らさなくてもクギが打てる「バナナ」登場 「クギを打つのはバナナ派の人」「いちいち凍らせるのが面倒くさい人」に朗報

さては「そんなバナナ!」って言いたいだけ?

[ねとらぼ]

 精密鋳造メーカーのキャステムが本物のバナナを独自の技術で金属化した「バナナハンマーDX」を製作。ECサイト「IRON FACTORY」において11月22日10時から販売します。ちなみに同日は「大工さんの日」!

そんなバナナ このバナナは食べられません

 フィリピン産の本物のバナナから型取りをし、そのまま自社が持つ精密鋳造技術を余すところなくぶち込んで金属化したため、バナナ特有のザラザラした質感などをしっかり再現。もちろんハンマーなので、ちゃんとクギを打つことができるという優れものです。マイナス40度の世界じゃなくても、バナナでクギが打てるという画期的な商品となっています。

 実はキャステム、2019年にもバナナハンマーを発売しており、当時も切り口のリアルさや実用品としても好評だったとのことですが、一方「思ってたのと違う!」「あのCMではバナナまるごとなのに!」「持ち手ついてるとかもうバナナハンマーじゃなくてただのハンマー」といった意見もあったといいます。キャステムはこの意見を真摯に受け止め、ちょっと方向性を変えてバナナハンマーを進化させるに至りました。

 「クギを打つのはバナナ派の人、バナナをいちいち凍らせるのが面倒くさい人、クギは打たないけど部屋にインテリアとしてバナナを飾りたい人、筋トレでバナナダイエットをしたい人」向けの商品だそうです。

 価格は“いいバナナ”ということで1万1877円(税込)。

本当にクギが打てるの? と疑問に思った方はこちら
そんなバナナ 2019年に販売したバナナハンマー。まだハンマーの姿を保っていた

そんなバナナ 2020年のバナナハンマーはクギも打てるくらい堅いバナナの姿に

※バナナには個体差があり、実際のバナナの色味・形が若干異なる場合がある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響