ニュース
» 2020年11月24日 19時05分 公開

廃業したゲーセンから譲り受けた「ギターフリークス」を9年越しに修理 悲願を果たしたフリークに祝福の嵐 (1/3)

電子工作未経験者が手探りでやり遂げた苦心の品。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 廃業したゲームセンターから譲り受けた音ゲー「ギターフリークス」を、9年かけて自力で復旧したプレイヤーがTwitterで注目を集めています。諦めずにがんばった!


ギタフリ 筐体は解体してコンパクトに

ギタフリ ディスプレイとスピーカーを加えて……

ギタフリ 業務用そのままのコントローラーでプレイ!


 音ゲーファンの夢をかなえたのは、TwitterユーザーのTETSUYA-XG(@tetsuya_mjg)さん。勤めていたゲーセンが店を畳むとき、「ギターフリークスは廃棄だから、メンテとか大会とかいろいろがんばってくれた君が好きにしていい」と社長に言われ、解体して基板や操作系のみ譲り受けたのだそうです。


ギタフリ 譲り受けたメインユニット。産業用PCみたい

 しかし、いざ起動を試みると、本体は電源すら入らない状態。マニュアルも回路図も処分されていて対処のしようがなく、長年動かせないでいたそうです。

 困り果てていたTETSUYA-XGさんですが、2020年になって救いとなるツイートを発見。それは電子工作に明るい「たじけん(@tjknjpn)」さんが、ギタドラ(ギターフリークスとドラムマニアで構成されるゲーム)の基板について語る内容で、まさに求めていた情報でした。


 たじけんさんとの相談で有効な解決策を得たTETSUYA-XGさんは、ようやく起動に成功。対応するディスプレイを苦労して調達し、家で遊べる状態まで整えました。Twitterでは「おめでとうございます」「なんか泣けてきた」「愛ですね……」など、賛辞と祝福の声が多数寄せられています。

 ねとらぼ編集部はTETSUYA-XGさんを取材し、復旧を果たすまでの苦労などを詳しく聞きました。

Twitterで生まれた縁が悲願達成のきっかけに

―― 勤め先の廃業前、ギターフリークスは動く状態だったのでしょうか

TETSUYA-XG 営業最終日まで通常稼働しておりました。基板や操作系を残していればプレイ可能な状態で起動させられるだろうと思い、閉店後に筐体をバラしたのですが、後日起動を試みるも不可能な状態でした。解体した後で起動しなくなったということで間違いありません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.