ニュース
» 2020年11月25日 18時13分 公開

「また売れなかったらどうしよう」 「ピノやみつきアーモンド味」けなげな新聞広告に応援の声多数届く(1/2 ページ)

「背水のピノ」というパワーワードも誕生。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 森永乳業は11月23日に「ピノやみつきアーモンド味」を期間限定で全国発売しました。これに伴い北海道地区で新聞広告を掲載したのですが、その内容と公式のツイートがなんとも後ろ向きなものとなっています。いったいどうしてしまったのでしょうか。

ピノアーモンド ピノやみつきアーモンド味の新聞広告

 ひと口タイプのアイス「ピノ」は1976年に発売されたロングセラー商品。アーモンド味は「ピノ チョコアソート」フレーバーの1つとして1992年に初登場しました。

 同社によるとアーモンド味は約3日に1件のペースで「数を増やしてほしい」「単独の商品を発売してほしい」という声が寄せられるほど人気のフレーバーとのこと(2019年1月1日〜12月27日の集計)。そんな人気の味が発売されるのだからもっとテンションが高くてもいいはずなのに、広告のタイトルは「また売れなかったらどうしよう」という後ろ向きなものとなっていました。

 実は「ピノアーモンド味」には、22年前に北海道でテスト販売されていたという過去を持ちます。多くの人の声を受けて商品化したにもかかわらず、売り上げが伸びずトラウマと在庫が残ってしまいました。

 今回の商品は、改良に改良を重ねて「つぶつぶローストアーモンド」を加えた新味。文中にある「背水のピノ」というパワーワードや「#ピノアーモンドちゃんと買ったよ」というハッシュタグからも、新製品にかける思いが伝わってきます。

 ツイートを見た人からは、アーモンド味発売に対する喜びの声や広告への応援、「早速買ったよ」という報告などが寄せられています。

ピノアーモンド 思わず最後まで読んじゃいました

 ちなみに森永乳業のアナウンスの前に文春オンラインに掲載されたPR記事や、公式Twitterが「一部報道について」「ピノアーモンド味の独立に関するご報告」というツイートをしたことでも話題になりました。

ピノアーモンド ピノやみつきアーモンド味
ピノアーモンド 「ピノアーモンド味の独立に関するご報告」って!


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」