ニュース
» 2020年11月26日 07時00分 公開

空想の喫茶店の看板をミニチュアに かわいらしい純喫茶風「東京喫茶看板シリーズ」登場

[PieCeLassique,ねとらぼ]

 純喫茶風の看板をミニチュアにした「東京喫茶看板シリーズ」を、FUSEEが11月21日に発売しました。全6種類のカプセルトイで価格は1回400円。


東京喫茶看板シリーズ 東京喫茶看板シリーズ

 第1弾となる「東京喫茶看板 Vol.01」は、東京の練馬、新橋、浅草、中目黒、銀座、清澄白河にありそうな、空想上の喫茶店の看板となっています。


東京喫茶看板シリーズ 練馬、新橋、浅草、中目黒、銀座、清澄白河にありそうな喫茶店の看板

 登場するアイテムのタイプは「スタンドタイプ」と「マグネットタイプ」の2種。スタンドタイプ(約60ミリ)は脚パーツが付属し、デスクの上などに置けます。マグネットタイプ(約40ミリ)はPCや冷蔵庫にくっつけることができ、ビルの袖看板のように飾って遊べます。脚パーツはマグネットタイプにもつけられます。


東京喫茶看板シリーズ くっつけられるマグネットタイプ


東京喫茶看板シリーズ 並べるとビルみたいに

 全種類ライトがつくため、暗い部屋でもふんわりとしたレトロな雰囲気を感じることができます。

 それぞれ空想喫茶店の世界観はFUSEEのインスタグラムで紹介されています。例えば、中目黒にありそうな「扉と空」は、小説と家具が好きなオーナーがいるブックカフェ。愛犬「ダスティン」カフェの雰囲気に合うシンプルでクラシックな服を着せたいのにおとなしく受け入れるのはストリートスタイルのみ……といった設定があります。

 それぞれの「空想喫茶店」のオーナーの美意識と独特な個性を表現したかわいくレトロなストーリーにも注目です。

 何気ない日常的なシーンを丁寧に切り取った東京喫茶看板シリーズ、どこか懐かしい気持ちを感じますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン