ニュース
» 2020年11月26日 12時30分 公開

マラドーナ急死を、“王様”ペレや同郷のメッシが追悼 「いつか天国でまた一緒にサッカーをしよう」 (1/2)

伝説は永遠。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 アルゼンチンサッカー代表として数々の伝説を残したディエゴ・マラドーナが11月25日、ブエノスアイレスの自宅で死去。突然の訃報に“王様”ペレや、同郷の英雄リオネル・メッシ選手が追悼コメントを発表しています。

アルゼンチン サッカー ワールドカップ 優勝 ディエゴ・マラドーナ 神の手 5人抜き ペレ メッシ クリスティアーノ・ロナウド 追悼 マラドーナ(画像はペレ公式Instagramから)

 マラドーナは1976年、同国リーグ史上最年少の15歳11カ月でプロデビュー。サッカー史に数々の伝説を残しましたが、中でもアルゼンチンが優勝した1986年のワールドカップ対イングランド戦での「神の手ゴール」と「5人抜き」エピソードはあまりにも有名。引退後には私生活の乱れや失言で話題になることが多かったものの、そのキャラクターが多くの人々に愛されていました。

 マラドーナと同じく恵まれない少年時代を経て、サッカーで人生を切り開いたペレ。メディアにはたびたび比較され確執がうわさされることもありましたが、ペレはマラドーナの死に際して「親愛なる友人を失った」とInstagramに投稿。ワールドカップの優勝カップを掲げるマラドーナの写真に添え「そして世界は伝説を失った」「いつかきっと、天国できみとサッカーを一緒にできればと思う」と再会を約束しました。

アルゼンチン サッカー ワールドカップ 優勝 ディエゴ・マラドーナ 神の手 5人抜き ペレ メッシ クリスティアーノ・ロナウド 追悼 メッシとマラドーナ(画像はリオネル・メッシ公式Instagramから)

 小柄な体格やプレイスタイルから“マラドーナの再来”と評されることも多かったメッシ。自国の英雄の死去を受けて「アルゼンチン国民全て、そしてサッカーにとって、とても悲しい日だ」とInstagramに投稿。生前に撮影した2ショットを公開し「彼は亡くなったが消えたわけではない、ディエゴは永遠なのだから」と死してなお偉大な存在であると強調しました。

アルゼンチン サッカー ワールドカップ 優勝 ディエゴ・マラドーナ 神の手 5人抜き ペレ メッシ クリスティアーノ・ロナウド 追悼 ロナウドとマラドーナ(画像はクリスティアーノ・ロナウド公式Instagramから)

 現役No.1選手の1人として名高いポルトガル代表選手クリスティアーノ・ロナウドも「ぼくは友人へ、世界は永遠の天才へ別れを告げなくてはならない」とInstagramで2ショットを公開。60歳とまだ若かったことに触れ「あまりに早く訪れた別れだけど、いつまでも色あせない偉業を残してくれた」として、今後もマラドーナ伝説は語り継がれていくだろうと述べています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン