ニュース
» 2020年11月26日 16時44分 公開

キンコーズ札幌店が“銀座一丁目店”となぜか店舗統合 「実質閉店では」「飛行機必須」と利用者困惑→取材した(1/2 ページ)

片道3時間50分ですよ……?

[ねとらぼ]

 11月26日、オンデマンド印刷のキンコーズ・札幌北3条店(北海道)が銀座一丁目店(東京)に「店舗統合」し、利用者の間に「それは実質閉店では……?」「飛行機必須」と困惑が広がっています。

 公式サイトのお知らせには「北海道からは遠方になりますが、東京都内では交通アクセスがよく、ビジネスに便利なエリアにお店がございます」とコメントが。そ、それはそうなんですけど……!

 一体どういうことなのか、キンコーズに取材しました。



 公式サイトによれば、11月26日をもってキンコーズ・札幌北3条店の営業は終了し、今後の業務をキンコーズ・銀座一丁目店(東京)へと「店舗統合」しました。

 一般的には「要は閉店したのだろう」で終わる話ですが、「北海道からは遠方になりますが、東京都内では交通アクセスがよく、ビジネスに便利なエリアにお店がございます」と東京への来訪を願うような一文が続いため、Twitterでは「どこまでマジなの?」と困惑の声が広がりました。

 キンコーズ・ジャパン広報に事情をたずねた所、オンライン会員の情報を他の店舗に引き継ぐ必要があり、通常は実際に近場の店舗との統合で対応していることから、定型文として「店舗統合」という言葉が使われたとのこと。

 同社としても違和感を覚えてはいたそうで、実店舗のポスター等では「閉店」と文言を変更していたものの、公式サイトのお知らせはそのままになってしまったといいます。というわけで、やはり今回の件は「実質的な閉店」でした。ですよねー。

 Twitterでは、札幌で唯一のキンコーズだった北3条店が閉店し「これからどうしよう」と悲しむ声も多く上がっています。広報は騒動について謝罪するとともに、同店の利用者に対し「いつかまた北海道に戻りたいです」とコメントしました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10