ニュース
» 2020年11月28日 08時00分 公開

恋人の「検索履歴」は開けてはならないパンドラの箱 ヤバい彼女に振り回される漫画「ぼくの彼女、ヤバにゃん」

見られたくなければ、見てはいけない

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 恋人がネットで何を検索したのか気になって、悪いと思いつつ「検索履歴」を見てみた。「彼氏 別れたい」なんてワードがあったら立ち直れないと思ったけど、「勝ち方 ジャンケン」「らっきょう フランス語」などすっとんきょうなワードばかり。でもよく見たら、タテ読みで「勝手に見たらダメ」。ギャグマンガ「ぼくの彼女、ヤバにゃん」の一場面です。



 「ぼくの彼女、ヤバにゃん」は、独特な世界観を持つヤバにゃんと、彼氏のタマくんとの日常をつづった漫画シリーズです。InstagramなどのSNS上で連載されています。作者は、そろそろ谷川さん。日々降りかかる「理不尽」を、持ち前の前向きさで乗り越えていくOLが主人公の「耐え子の日常」でもおなじみの方です。


ヤバにゃん02 見ちゃダメだって!

 ある日、ヤバにゃんのPCが開きっぱなしになっていることに気づいたタマくん。そういえば彼女は、いつも何を調べてるんだろう。もしや「浮気」とか「彼氏 別れる」とか? なんだかイヤな予感がします。見ちゃいけないと思いつつ、ちょっとだけ調べてみることに。よせばいいのに! いいことないよ!


ヤバにゃん02 彼女は一枚上手だった

 好奇心には勝てなかったタマくんが、そこで見たものとは。「勝ち方 ジャンケン」「手料理 簡単」「にんじんしりしり」といった料理に関する検索履歴と「よっこいしょういち 語源」など、よくわからない履歴が並んでいます。開けてはならない、パンドラの箱を開けてしまった? とよく見れば、履歴がタテ読みで「勝・手・に・見・た・ら・だ・め・だ・よ」。まったく、その通りですね

 今度は、ヤバにゃんが1人でいたときのことです。洗濯物をたたんでいたヤバにゃんは、彼氏のシャツを見つけます。「私が着たら、ブカブカかなぁ」なんて夢想するヤバにゃん。なんだかかわいいぞ。


ヤバにゃん02 ぺしーッ

 そんなことを思いながら着てみると、ぴったし。なぜかしら。思っていた以上に大きくなっていた自分への怒りをもって、ヤバにゃんはシャツをたたきつけるのでした。

 2人で歩いているときには、また別の事件が起こります。

 彼氏のタマくん、ヤバにゃんの機嫌がよいことに気づきます。「なんで?」と尋ねてみますが、ヤバにゃんは「ふふふ〜秘密〜♪」とのこと。実はヤバにゃん、前日にタマくんから「好き」と言われたことがうれしくて仕方ないのでした。「なんで〜。教えてよ〜」「だから秘密だってば」。甘いやりとりです。これで済めばよかったのですが。


ヤバにゃん02 言ってんだろうがよ

 「ねえねえ〜。教えてよ〜」と食い下がるタマくん。ついにヤバにゃんは我慢の限界に達し「しつけぇな!」とキレてしまいます。機嫌が良かった理由は「お前だよ!」と教えてあげたヤバにゃんは、続けて「今、不機嫌な理由もな!」と気分を害してしまうのでした。あるある、あるある。

 女心の繊細さと男のアホさ加減とが見事にぶつかってしまうのも、2人の仲の良さゆえでしょうか。

 またあるとき、ヤバにゃんは「大人になっちゃったね……」とほろり涙を流します。「えっ」。急にどうしたのかと心配になるタマくん。事情を聞いてみると、ヤバにゃんは語りだしました。

 「だってこの先、二度とスライディングすることないんだろうって思うと、なんか悲しくて……」。ス、スライディングかぁ。確かに、めったにチャンスはなさそうだけどね。


ヤバにゃん02 それでも涙が出ちゃう

 ところでとタマくん、「子供のころにスライディングしたことあるの?」と彼女に尋ねると、即座に「いや、ないけど」のお返事。ならば、さっきの涙の意味は。

 こうして見てみると、ちょっとヤバめの恋人も、長く一緒にいれば愛おしく思えてくるようです。お互い、毎日のように相手にイラっとしたり困らされたりしながらも、どこかで幸せを感じているのでしょうね。


似てるじゃがいも


ヤバにゃん02 そろそろな

起こしてもらおうとしてくる


ヤバにゃん02 やる気はあるんだ

気持ちを書いてくる


ヤバにゃん02 正直なキ・モ・チ

軽はずみに褒めた結果


ヤバにゃん02 そういうことじゃないんだけどな

ヨガにハマる


ヤバにゃん02 正しい使い方を見つけた

アニメもあるよ!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  5. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  6. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  7. /nl/articles/2105/08/news012.jpg 猫「おこたしまったんすか……(悲)」 こたつ大好き猫ちゃんと片付けたい母の駆け引きを描いた漫画に笑ってしまう
  8. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/08/news001.jpg イジメられっ子がトラックにはねられ転生、かと思いきや…… 幽霊となって逆襲する漫画『死んでから本気出す』