ニュース
» 2020年11月28日 12時40分 公開

『鬼滅の刃』最終巻の予告に誤り 「描き下ろし14ページ」ではなく「“描きたし”26ページ」に

描き下ろし自体はいろいろ収録されています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 漫画『鬼滅の刃』公式Twitterは11月27日、作者・吾峠呼世晴さんによる4コマ漫画とコメントを公開。その中で、12月4日発売の最終23巻の描き下ろしについて、先日公開された帯および予告に誤りがあったと報告しました。



 コメントによると、公開中の帯などに書かれている「物語の結末に追加描き下ろし14ページ」は誤りで、正しくは「雑誌掲載時にカットした箇所の追加と巻末に本編から浮いた漫画」を収録しているとのことです。

 具体的には、雑誌掲載時にカットした漫画8ページと6ページがそれぞれ話の途中に差し込まれるほか、描き下ろしとしてイラスト4ページと特別漫画8ページを収録。合計“描きたし”26ページとなっているそうです。そのほか、幕間に鉛筆画11ページと、あとがき文章2ページも。

 吾峠さんは、今回情報に誤りがあったことについて「確認漏れにより正確な伝達ができておらず大変申し訳ありません」とお詫びコメントの中で述べています。

 ちなみに2021年2月4日発売の『鬼滅の刃公式ファンブック第二弾 鬼殺隊最終見聞録(仮)』には、描き下ろし漫画3本(29ページ) の収録が予定されています。同日には『「鬼滅の刃」吾峠呼世晴画集―幾星霜―』も発売予定です。


鬼滅の刃 吾峠 呼世晴 コメント 23巻 最終巻 描き下ろし 予告 誤り お詫び 吾峠呼世晴さん描き下ろし4コマ漫画(公式ツイートより)

鬼滅の刃 吾峠 呼世晴 コメント 23巻 最終巻 描き下ろし 予告 誤り お詫び 最終23巻の描き下ろしについてお詫びと報告(公式ツイートより)

鬼滅の刃 吾峠 呼世晴 コメント 23巻 最終巻 描き下ろし 予告 誤り お詫び 吾峠さんのコメント(公式ツイートより)





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.