ニュース
» 2020年11月29日 12時00分 公開

ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ(1/2 ページ)

生き生きしたゾンビおじいちゃんの孫愛がステキ。

[Tomo,ねとらぼ]

 ゾンビとしてよみがえったおじいちゃんが孫を救う漫画「GG Undead」が、コメディだけどおじいちゃんの愛情にジーンとなります。作者はTwitterで漫画を公開しているジョン・スミス(@John_A_Smith69)さん。

墓からよみがえったのは……

 20代で死に、数十年の間墓の下で眠っていたボリス・ブレイスフォール。彼は突然、孫のセシルによってゾンビとして呼び戻されます。ブレイスフォール家を助けてほしいと泣いて訴えるセシル。

一家の危機を訴えるセシル

 ブレイスフォール家は危機的状態にありました。半年ほど前から家について違法な取引や人身売買などの悪いウワサが流れ、セシルの両親は病気に。窮した彼女は祖父のボリスの助けを借りるために、死者をよみがえらせる黒魔術に手を出したのでした。

 セシルの両親の病気は、長年不仲だったコールリッジ家による呪いだと見抜いたボリス。現当主のバーナードに一泡吹かせようとある計画を立て、彼を晩餐に招きます。下準備をしながら、祖父と孫として楽しく過ごす2人。しかしボリスが理性を失いかけ、セシルを手にかけそうになってしまうことも……。

危うく理性を失いかける場面も

 いよいよ計画の日に、コールリッジ家にやってきたバーナード。セシルは彼に、「自分の一族がしてきたことを償いたい」と、ボリスが予想もしていなかったことを言い出します――。


 ゾンビというと生気がなくのろのろと動くイメージですが、ボリスは生き生きして元気いっぱい。そのギャップやコミカルな描写には思わず笑いがこぼれます。その一方で、孫への愛で理性をつなぎとめる愛情の強さにほろり。最後にはスカッとできるお話には、読者から「好き」の声が多く寄せられています。

 同作はジョン・スミスさんが2013年に描いた作品。ジョン・スミスさんは他にもTwitterでは女王様と獣人のコメディ漫画も公開しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」