ニュース
» 2021年01月13日 18時00分 公開

【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】「強キャラ感」に憧れて包帯登校デビュー→1カ月でやめちゃった“素朴で大事な理由”ねとらぼ都市伝説調査班(1/2 ページ)

カッコいい以上に大事なものが、そこにある。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 ネットに広まる真相不明の情報を追究する、ねとらぼ都市伝説調査班。今回は「中二病で包帯を巻いていた人は、本当にいるのか」というリサーチを行ったところ、「『強キャラ感』に憧れて巻いたけど、結局面倒になってやめた」という人物にお話を伺う機会を得た。報告を行う。

「力を制御しているような、歴戦の猛者のような」



―― 巻いていた理由はなんですか?

 小学生時代から『家庭教師ヒットマンREBORN!』の「笹川了平」といった手に巻いているキャラはもちろん、『鋼の錬金術師』の「傷の男(スカー)」や「エドワード・エルリック」らが負傷時に腕や肩などに巻いていた姿も含めて、包帯に「強さ」「カッコよさ」を感じていました。

 中学生のあるとき家で包帯と包帯留めを見つけ、憧れと好奇心から巻いてみたところ、指ぬき手袋のような「しっくり感」があり、そのまま就寝。翌日巻き直して登校したのが包帯デビューでした。

 学校で体育や美術、給食のとき以外は“右利きだからキレイに巻ける”という理由で左手に、手のひらと手の甲を包むように巻いていました。個人的にはサージカルテープではなく、包帯留めを使っていることがプロっぽくて気に入っていました。

―― ずばり、包帯のカッコよさとは。

 1番は「強キャラ感」ですね。力を制御しているような、歴戦の猛者のような、不思議な高揚感があったことを覚えています。仮病のつもりではなかったので、巻いている理由を聞かれたときは「落ち着くから巻いてるだけ〜」と答えていたのですが、今考えると手首をケガしているよりもよほど心配になる理由でしたね。

 また巻く前は想定していなかったのですが、周りが心配してくれたり声をかけてくれることが承認欲求を満たすのにつながっていたと思います。

すぐに巻かなくなった理由

―― では、どうして巻くのをやめたのでしょうか?

 当たり前といえば当たり前なんですけど、包帯を巻いていると手を洗うのがめちゃくちゃ面倒なんですよね。

 いちいち解いて、ポケットとかにしまって、手を洗い終わったらまた巻き直して……そんなことを繰り返すうち、だんだん巻き直す頻度が減っていき、1カ月程度でいつの間にか巻かなくなりました。

 ちなみに、クラスメイトは巻く前も巻いているときも、やめた後も特に変わらず接してくれていたので、あまり恥ずかしさはありませんでした。黒歴史というより笑い話くらいで済んでいるのは、そのおかげだと思います。当時のクラスメイトには感謝しないといけませんね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  8. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  9. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  10. /nl/articles/2206/26/news046.jpg 友達からいわく付きの臨海学校での肝試しに誘われて…… 衝撃のラストを迎えるホラー漫画に凍りつく人続出

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」