ニュース
» 2020年12月01日 12時11分 公開

ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」などがランクイン 「JC・JK流行語大賞2020」が決定 (1/2)

「ぴえんこえてぱおん」が進化しました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが「JC・JK流行語大賞2020」として、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて今年のトレンドを発表しました。


ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」など 「JC・JK流行語大賞2020」はTikTok発の言葉などがランクイン 「2020年の流行語大賞」の結果

 「JC・JK流行語大賞2020」は、Instagram上の現役女子中高生の投稿数百万件以上をもとに、2020年7月から11月までのトレンドをまとめたもの。全国の女子中高生からなるマーケティング集団「JCJK調査隊」が選考を担当しています。

 「コトバ部門」では、TikTokからブームになった言葉が2つ入る結果となりました。1位には、TikTokで人気を集めたひらめさんの曲「ポケットからキュンです」から、「きゅんです」がランクイン。曲の流行と合わせて指ハートが再来しました。3位の「ぴえんヶ丘どすこい之助」は、TikTokerのけんちょすさんが発信した最上級のぴえんのを表現する言葉。本当にやばい場面に直面した女子高生が「テストの点数やばすぎてもはやぴえんヶ丘どすこいの助だわ」と使う言葉として紹介されています。2位には「全集中の呼吸」、4位「量産型ヲタク」、5位「◯◯しか勝たん」と続きました。

 「ヒト部門」では、1位から4位までをアーティストが占める結果に。上半期にも選出された「Nizi Project」と関連して「NiziU」が1位となりました。2位には「猫」の総再生回数が1億回を突破した「北村匠海」。そのうしろに「LiSA」、「JO1」、「しゅんまや」と続きます。

 「モノ部門」には、1位「鬼滅の刃」、2位「フルーツサンド」、3位「PITTA MASK」、4位「ホーム画面アレンジ」、5位「バケハ」となり、「ヒト部門」の「LiSA」とあわせて鬼滅の人気をあらためて確認できるランキングです。2位にランクインした「フルーツサンド」は、2019上半期選出の「おうちカフェ」で相棒として楽しまれていましたが、フルーツサンド専門店が増えつつあるようで、今後のブームが期待されます。

 「アプリ部門」では、ホーム画面をカスタマイズできる「Widgetsmith」が1位となり、2位「リール(Instagram)」、3位「Dazzカメラ」、4位「Zoom」、5位「Tokyo Disney Resortアプリ」となりました。


ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」など 「JC・JK流行語大賞2020」はTikTok発の言葉などがランクイン きゅんです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン