ニュース
» 2020年12月01日 12時11分 公開

ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」などがランクイン 「JC・JK流行語大賞2020」が決定(1/2 ページ)

「ぴえんこえてぱおん」が進化しました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが「JC・JK流行語大賞2020」として、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて今年のトレンドを発表しました。


ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」など 「JC・JK流行語大賞2020」はTikTok発の言葉などがランクイン 「2020年の流行語大賞」の結果

 「JC・JK流行語大賞2020」は、Instagram上の現役女子中高生の投稿数百万件以上をもとに、2020年7月から11月までのトレンドをまとめたもの。全国の女子中高生からなるマーケティング集団「JCJK調査隊」が選考を担当しています。

 「コトバ部門」では、TikTokからブームになった言葉が2つ入る結果となりました。1位には、TikTokで人気を集めたひらめさんの曲「ポケットからキュンです」から、「きゅんです」がランクイン。曲の流行と合わせて指ハートが再来しました。3位の「ぴえんヶ丘どすこい之助」は、TikTokerのけんちょすさんが発信した最上級のぴえんのを表現する言葉。本当にやばい場面に直面した女子高生が「テストの点数やばすぎてもはやぴえんヶ丘どすこいの助だわ」と使う言葉として紹介されています。2位には「全集中の呼吸」、4位「量産型ヲタク」、5位「◯◯しか勝たん」と続きました。

 「ヒト部門」では、1位から4位までをアーティストが占める結果に。上半期にも選出された「Nizi Project」と関連して「NiziU」が1位となりました。2位には「猫」の総再生回数が1億回を突破した「北村匠海」。そのうしろに「LiSA」、「JO1」、「しゅんまや」と続きます。

 「モノ部門」には、1位「鬼滅の刃」、2位「フルーツサンド」、3位「PITTA MASK」、4位「ホーム画面アレンジ」、5位「バケハ」となり、「ヒト部門」の「LiSA」とあわせて鬼滅の人気をあらためて確認できるランキングです。2位にランクインした「フルーツサンド」は、2019上半期選出の「おうちカフェ」で相棒として楽しまれていましたが、フルーツサンド専門店が増えつつあるようで、今後のブームが期待されます。

 「アプリ部門」では、ホーム画面をカスタマイズできる「Widgetsmith」が1位となり、2位「リール(Instagram)」、3位「Dazzカメラ」、4位「Zoom」、5位「Tokyo Disney Resortアプリ」となりました。


ぴえん最上級表現「ぴえんヶ丘どすこい之助」など 「JC・JK流行語大賞2020」はTikTok発の言葉などがランクイン きゅんです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む