ニュース
» 2021年01月15日 17時45分 公開

【限界徹夜の体験談】亡くなった祖父の幻覚で事故を免れたトラックドライバーが“1週間寝ていなかった理由”(1/2 ページ)

【番外編】「頑張って寝なかった人」ではなく「眠れなかった人」のお話

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜してアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。

 今回は番外編で、寝なかったというか眠れなかった人のお話。「1週間寝ずにトラックドライバーの仕事に行き、“亡くなった祖父の幻覚”に救われた」という体験談を伺いました。

頭がボーっとしたまま運転していたら、突然……



 今から25年前。私が26歳のときの話ですが、1週間寝ないでトラックドライバーの仕事へ行き、早朝の高速道路で居眠り運転をしてしまったことがあります。

 頭がボーっとしたまま運転していたら、突然、何かを叫ぶ(聞き取れませんでした)亡くなった祖父が目の前に現れました。

 そこでハッとしたら、トラックは中央分離帯に衝突する寸前。慌てて急ハンドルを切りました。もう少しで大事故を起こすところでした。

―― 幻覚に救われたわけですか。ところで、なぜそんな状態になるまで起き続けていたのでしょうか?

 気分屋で酒乱の父親と仲が悪く、22歳くらいから暴力を振るわれていました。寝ていても起こされ、寝るのが怖くなってしまい、昼寝すらできなくなっていたんです。

 体のあちこちにケガもして、51歳になった現在でも、額にはその傷痕が薄っすらと残っています。

―― そのあわや大事故という体験後、眠れるようになりましたか?

 配送を終えて会社に戻ってトラックから降りた途端、私は倒れてしまいました。会社の人たち(家の内情を話していました)が病院へ連れていってくださり、そこで寝ることができました。

 今も、眠れています。たまに、思い出すこともありますが。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響