ニュース
» 2020年12月02日 07時45分 公開

「今年の新語2020」大賞は「ぴえん」 2位に「○○警察」、3位に「密」など

「大満足」の意味での「優勝」が6位、用言と接続する形の「〜まである」が第8位と、ネットでよく見る言い回しもランクイン。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 三省堂が「今年の新語2020」を発表。一般公募の4871通(異なり714語)から、「ぴえん」が大賞に選ばれました。


新語2020 「ぴえん」が大賞。「ぱおん」は「ぴえん超えてぱおん」とはならず

 「ぴえん」は主に「軽度の悲しみや落胆」を表す感動詞(「ぴえんな顔」といった副詞的用法も)。選考委員は、これまで泣き声の体系になかった、「少しだけ声を出して泣く表現」を補完する存在として高く評価しています。


新語2020新語2020 三省堂の辞書編纂者がつけた「ぴえん」の語釈

 「今年の新語」の趣旨は「今後の辞書に採録されてもおかしくない言葉」であるため、収束後は使われなくなる状況を想定し、コロナ関連語の評価は厳しくしたとのこと。それでも候補に上がる数は無視できず、「ソーシャルディスタンス」や「ステイホーム」などは選外の「コロナ枠」としてまとめられています。


新語2020 これらが選外となったのは、ある意味収束への願いかもしれない

 その一方で、2位はコロナ禍における「自粛警察」表現で一般化した「○○警察」、3位は「密」、4位は「リモート」が選出。これらは、「マナー警察」や「着物警察」といったバリエーション、「密」に加わった「避けるべきもの」といったニュアンス、「リモート飲み」や「リモート映え」といった日常語など、コロナの収束後も残りそうな要素が評価されています。


新語2020 5位の「マンスプレイニング」は、無自覚な男尊女卑的言動に警鐘を鳴らす言葉として評価

 6位には「(おいしい酒食などに)大満足」という新用法としての「優勝」(例:おでんと酒で優勝)、8位には「その絵が好きすぎて、日に5回見に行ったまである」といった、動詞句や形容詞句につながる「〜まである」(本来は名詞にのみ接続)と、ネットでよく目にする言い回しもランクイン。10位には、2020年に世界的に正式化された「チバニアン」(関連記事)が入っています。


新語2020 7位は「筋金入りの」「タフでエネルギッシュな」といった肯定的な意味での「ごりごり」。「ゴリゴリの理系」とか「ゴリマッチョ」とか、近年よく聞きますね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン