ニュース
» 2020年12月02日 07時45分 公開

「今年の新語2020」大賞は「ぴえん」 2位に「○○警察」、3位に「密」など

「大満足」の意味での「優勝」が6位、用言と接続する形の「〜まである」が第8位と、ネットでよく見る言い回しもランクイン。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 三省堂が「今年の新語2020」を発表。一般公募の4871通(異なり714語)から、「ぴえん」が大賞に選ばれました。


新語2020 「ぴえん」が大賞。「ぱおん」は「ぴえん超えてぱおん」とはならず

 「ぴえん」は主に「軽度の悲しみや落胆」を表す感動詞(「ぴえんな顔」といった副詞的用法も)。選考委員は、これまで泣き声の体系になかった、「少しだけ声を出して泣く表現」を補完する存在として高く評価しています。


新語2020新語2020 三省堂の辞書編纂者がつけた「ぴえん」の語釈

 「今年の新語」の趣旨は「今後の辞書に採録されてもおかしくない言葉」であるため、収束後は使われなくなる状況を想定し、コロナ関連語の評価は厳しくしたとのこと。それでも候補に上がる数は無視できず、「ソーシャルディスタンス」や「ステイホーム」などは選外の「コロナ枠」としてまとめられています。


新語2020 これらが選外となったのは、ある意味収束への願いかもしれない

 その一方で、2位はコロナ禍における「自粛警察」表現で一般化した「○○警察」、3位は「密」、4位は「リモート」が選出。これらは、「マナー警察」や「着物警察」といったバリエーション、「密」に加わった「避けるべきもの」といったニュアンス、「リモート飲み」や「リモート映え」といった日常語など、コロナの収束後も残りそうな要素が評価されています。


新語2020 5位の「マンスプレイニング」は、無自覚な男尊女卑的言動に警鐘を鳴らす言葉として評価

 6位には「(おいしい酒食などに)大満足」という新用法としての「優勝」(例:おでんと酒で優勝)、8位には「その絵が好きすぎて、日に5回見に行ったまである」といった、動詞句や形容詞句につながる「〜まである」(本来は名詞にのみ接続)と、ネットでよく目にする言い回しもランクイン。10位には、2020年に世界的に正式化された「チバニアン」(関連記事)が入っています。


新語2020 7位は「筋金入りの」「タフでエネルギッシュな」といった肯定的な意味での「ごりごり」。「ゴリゴリの理系」とか「ゴリマッチョ」とか、近年よく聞きますね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」