ニュース
» 2020年12月02日 17時13分 公開

本物のパンでできたライトがおいしそう トーストから暖かな光が放たれる

パン+ランプシェード=パンプシェード!

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 本物のパンでできたライト「パンプシェード」がすてきです。ほんわかしちゃいます。

パンプシェード 本物のパンがライトに!(公式サイトより)

パンプシェードが並んでいるところ

 パンプシェード作りは、パンを焼くところから始まります。パンをくりぬき、防腐・防カビ加工を施し、樹脂でコーティング。そこにLEDを配線して完成です。

パンを焼くところ まず、パンを焼きます

パンをくりぬくところ 中身をくりぬいて…

パンプシェードを光に当てているところ クオリティーチェック

パンをコーティングしているところ 樹脂を塗ります

パンに配線しているところ LEDを配線します

パンプシェードのスイッチを入れているところ パンプシェード、完成

 オンラインショップでは、クロワッサンやトーストなど、いろいろな種類のライトが販売されています。パンプシェードの中身を使ったラスクも作られており、ちゃんと再活用されています。

パンプシェードのラインアップ いろいろなパンプシェードがあります

 制作者の森田優希子さんは、2016年に「パンプシェード」ブランドを立ち上げました。「パンがもっと、好きになる。」をテーマに、パンの魅力を再発見できるようなもの作りをしています。パン屋さんで働いていたときに、廃棄になるパンを見るのが耐えられなかったとのこと。その気持ちから、売れ残ってしまったパンを回収し、パンプシェードとしてよみがえらせる試みも一部行っているそうです。

高橋ホイコ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.