ニュース
» 2020年12月02日 21時00分 公開

まるでゲーミング御殿 きらびやかに魔改造した部屋のビフォーアフターがマジでなんということでしょう

しかも全家電と照明はSiriで操作可能。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1カ月かけて自室をSF風に模様替えした人の写真が、きらびやかでゲーミングデバイスの世界です。ビフォーアフターのギャップがすさまじい。


ゲーミング部屋 なんということでしょう……なんということでしょう……!

 投稿主はコンセプトアートなどを手がけるイラストレーターのSUKE(@suke_arts)さん。電気工事や改造といった大がかりな処理は一切加えずに、テープ状のLEDやタイルカーペットなどを駆使して未来感あふれる空間を作り上げています。


ゲーミング部屋 素朴だった引っ越ししたてのころ

ゲーミング部屋 ……からのまばゆい世界。床にタイルカーペットを敷き詰めたり、茶色い枠に白のマスキングテープを貼ったり、回復可能な範囲で改装している

ゲーミング部屋 照明の色は自由に変更可能。淡く光るかっこいい棚をよく見ると……

ゲーミング部屋 飾られているのはほぼApple製品の箱。ショールームみたい


 スマートリモコンとスマート電球の駆使により、すべての照明と家電をSiriで操作可能と、機能性もまた未来感でいっぱい。Twitterでは「映画のセットみたいでかっこいい」「こんな部屋に住みたい人生だった」「ストレンジャーシングス感あって好き」など、好評を博しています。

画像提供:SUKE(@suke_arts)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10