ニュース
» 2020年12月03日 07時30分 公開

「今年は正月帰りません」 実家で“お客さん”扱いにモヤモヤ……娘が帰省しない理由を描いた漫画がしみる

解き放ってくれたのは、本当は帰ってきてほしかったであろう父の言葉。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 今年の正月は帰省しないと決めたものの、楽しみに待っているであう家族を思うと後ろめたい――。そんな葛藤を描いた漫画「今年は正月帰りません。」が、切なくてグッときます。作者はTwitterで漫画や餃子情報を発信しているチャン・メイ(@masondixon402)さん。


アイキャッチ 毎年両親から盛大に迎えられる正月、今年はちょっと様子が違う


 主人公のマキは、東京で独り暮らし。意を決して「今年は帰省しない」と、恐る恐る両親に電話で伝えます。


1P

2P

3P

 親は驚きながらも受け入れてくれたようで、代わりに自分らが東京に来ると返答。罪悪感を振り切ってやっと伝えられたのに、マキは胸のつかえがとれません。


4P

5P

 その一因は、前回帰省したときの様子。思いを馳せると、娘の好物や良いお酒など、ごちそうをどっさり用意して歓迎する両親が浮かびます。この盛大なもてなしが、本来家族であるマキを「この家のお客さん」扱いしているように感じさせ、心を曇らせていたのでした。


6P

 そんなモヤモヤを抱えたままマキは新年を迎え、上京してきた両親としゃれたレストランで会食。父に「こんないい店があるなら、帰って来られないのも納得」などと冗談交じりに言われ、「ご、めん。帰らんくて」と、言葉を詰まらせながら謝ります。


7P

 涙ぐむ娘を見て、父親は優しく「正月は、みんなでうまい飯食えたらそんでええねん」とひと言。「あとはなんも考えんでええのが正月や」となだめます。


8P

 父親のかけた優しい言葉に、マキの心はようやくほどけた様子。心の中で「ごめんって言って、ごめんね、お父さん。ただいま」と、つぶやくのでした。

作品提供:チャン・メイ(@masondixon402)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10