ニュース
» 2020年12月05日 08時00分 公開

成仏の条件は「キス」 “ヤバイ美女”引き寄せ体質のモテ男が幽霊にまでモテる漫画「ヤバい美女とテルオくん」

霊界からもヤバイ美女がやってきた。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 モテすぎて幽霊にまで好かれてしまったテルオ。霊はどうやらテルオを呪い殺すつもりらしいのですが、どうすれば許してくれるの? 思い切って聞いてみると、開放の条件はまさかの「キス」! そんなヤバい距離感の女性たちを描くのが、この「ヤバイ美女とテルオくん」シリーズです。


ヤバい美女204 なんかいる


 本作は、どんなトラブルも「平気平気!」のスピリッツで乗り越えるOLを描いた「耐え子の日常」でもおなじみ、そろそろ谷川(@srsr_TANI)さんによる漫画シリーズ。主にInstagramなど、SNS上で展開されています。


ヤバい美女204 返答やいかに

 何げなく部屋で自撮りをした主人公のテルオ。スマホの写真を見ると、女性の霊が写り込んでいました。何度やり直しても変わりません。背後にかわいい幽霊がくっついているのです。ちょっと怖くなったテルオは、何もない空間にお願いしてみます。「取り憑くのはやめてください!」と。そして、また自撮りをしてみると。


ヤバい美女204 画面越しに聞くしかない

 幽霊な彼女は両手で「バツ」のポーズ。成仏する気はない様子です。「はっ!」となるテルオ。まさか呪い殺すつもりなんじゃ……。そう尋ねてみると、今度は「マル」のポーズが返ってきました。そんなバカな。いったいどうしたら許してくれるの?


ヤバい美女204 やってみるもんだな

 必死になって再び聞くと、今度は霊が「キス」の顔。半信半疑で応じてあげるテルオ。すると彼女はふわぁ〜っと、成仏したのでした。めでたしめでたし、なのか? でもこんなにキュートな霊なら、取り憑かれるのも悪くない。


ヤバい美女204 それだけで来たのかよ

 どんなときも誰にでもモテるテルオですが、ある夜のこと。テルオの家に訪問者が。そっとドアを開けると、またもすてきな女性が立っています。けれど知らない人なので「どなたですか?」と聞くと、彼女は「たぶん知り合いです」とのこと。「だってLINEで『知り合いかも』に出てましたよ」と強引な論理を展開してきます。というか、なんで自宅の場所知ってるんです??


ヤバい美女204 その真顔が怖いんだ

 すると彼女は「TOP画像の背景から住所を特定しました」とさらり。「今晩泊まっていいですか?」とまで言ってきます。いやいやいやいや、いいわけないでしょう! と断ると、彼女は首をかしげます。「わたしたち、『知り合いかも』ですよ?」。その理屈でいうと知り合いじゃないかも? と突っ込まざるを得ません。「知り合いかも」の、意外な罪深さ。このあとテルオはどうなったんだろう。


ヤバい美女204 おっ、趣味が合うかもな

 フンフフ〜ン。テルオが会社で仕事していると、隣の席の女性が鼻歌を歌っています。あ、その曲は! と思わず話しかけるテルオ。「実はその曲、ボクも大好きなんです」。すると「知ってますよ」と彼女。「以前、テルオさんの鼻歌聞いて、好きになったんです」と言います。へー、そんなことからハマることもあるんですねと、テルオはなんだかうれしくなってしまうのでした。


ヤバい美女204 だからその真顔が怖いって

 彼女に「一緒に聞きますか?」なんて言われて、テルオはイヤホンを片方借りることに。片方ずつで音楽を聞くのって、なんだかドキドキする。……と思った刹那、流れてきたのは、テルオ自身の声でした。なんと彼女は、テルオの鼻歌そのものを聞いていたのです。「え?」。驚くテルオ。しかし彼女は至って冷静に言います。「そうですよ。テルオが歌っていたあの時、録音したんです」。いくらなんでも怖すぎるだろ!

 こんな「ヤバい」美女たちが繰り出すドキドキも、気が付けば恋のドキドキに変わっていたなんてことが、あるのでしょうか。……ないよ!

キスの勢いがハンパない


ヤバい美女204 恋に助走はいらない

道を聞いてくる


ヤバい美女204

ヤバい美女204 人の優しささえも利用する

全く同じボールペンを用意してくる


ヤバい美女204

ヤバい美女204 もう私から逃れられない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」