ニュース
» 2020年12月05日 12時30分 公開

「ワロタ」が「草」となり森をこえて丘こえて―― 「笑」の表現を突き詰めた詩的な4コマ漫画が味わい深い

ほとばしる感性が止まらない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「(笑)」から「ワロタ」や「www」、「草」や「大草原」と発展してきた“笑”の表現を追求し、詩的な世界へ昇華する4コマ漫画が感動的です。タイトルはズバリ「感性」。


アイキャッチ 大きく飛躍した「詩的ワロタ」とは……?

 「ワロタ」「大草原不可避w」などと笑い合う3人組。すると1人が感性をほとばしらせ、「それはもう草こえて森こえて」と、笑いの形容を突き詰めていきます。


感性

 もともと「草」だった言葉は、丘越えて、谷越えて、あの娘の住む町も越えて――。ついには「誰も知らない野原に咲く一輪のたおやかな花」にまで発展しました。ここまで来るとエモすぎて、笑いを超えた感情が生まれていそうですが、人はそれを「愛」と呼ぶのかもしれません(適当)。

 この味わい深い4コマ漫画は広く拡散。「笑いの花が咲いた」「心が洗われる」「2コマ目からイケボに聞こえる」「みんながこんな感性だったら平和なのに」などと、読者の心を揺り動かしているようです。


 作者のマヌケナナマケモノ(@ManukeNamake1)さんは、Twitterで多数の4コマ漫画を公開。シュールだったりトンチが利いていたりパロディだったり、多彩なテイストで読者を楽しませています。


ストーカーは知る 気持ち悪さと脱力感の落差が激しい「ストーカーは知る」。

17歳の夏 こっちは純粋に気持ち悪い「17歳の夏

クリスマスプレゼント クリスマスプレゼント」はとんち話風味

お前は誰だ? 狂気がフルスロットルの「お前は誰だ?

アメリカンジョーク 一切のユーモアが欠如した「アメリカンジョーク

曲者 曲者」では熱い考察(?)が錯綜

ギャルvs箱の中身 ある意味勝ってる「ギャルvs箱の中身

勇者 選ばれし者の宿命を描く「勇者

作品提供:マヌケナナマケモノ(@ManukeNamake1)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン