ニュース
» 2020年12月06日 09時54分 公開

「はやぶさ2」からの分離カプセル、地球に帰還し回収される 探査機は新たな旅へ (1/3)

はやぶさ2は「玄関先にランドセルを放り出して遊びに行く小学生みたい」にカプセルを分離して次の小惑星へ。

[ねとらぼ]

 JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」から分離したカプセルが6日未明、大気圏に突入し、地球に帰還した。オーストラリアの砂漠地帯に着陸したカプセルには小惑星の砂などが入っているとみられ、現地での検査の後、早ければ7日には現地から飛行機で出発し、8日には日本へ到着する見込み。

はやぶさ2 オーストラリア上空で火球となって帰還するはやぶさ2の分離カプセル(画像はJAXA)

 世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰った「はやぶさ」の後継機として開発された「はやぶさ2」は、生命の起源の謎を探るべく、2014年12月3日鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットで打ち上げられた。

 小惑星「リュウグウ」の岩石回収などのミッションを完了した探査機は2019年11月13日、再び地球に向けて出発。2020年12月5日に接近した探査機からカプセルを分離し、6日3時ごろ着地した。

 カプセルはオーストラリアの上空で長い尾を引いた火球として観測された。その後カプセルはパラシュートを開きオーストラリア南部の砂漠地帯ウーメラに着地し、現地のチームに回収された。

 カプセルを分離した探査機はその後地球を離れ、次の小惑星「1998KY26」に11年かけて向かう予定だ。カプセル回収を喜ぶ声とともに、二度と帰らない新たな旅に挑む「はやぶさ2」に対して「いってらっしゃい」と「さようなら」の声もネットにあふれている。

はやぶさ2 徐々に地球を離れていく「はやぶさ2」(画像はJAXA:はやぶさ2プロジェクト公式サイトより)

はやぶさ2

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン