ニュース
» 2020年12月07日 17時22分 公開

「今年の顔文字大賞2020」を「Simeji」が発表 1位はやっぱり「ぴえん」

今年は「ネガティブの昇華」が特徴。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」が、「Simeji 今年の顔文字大賞2020」を発表。投票総数7000件超から選ばれた顔文字は「ぴえん」でした。


Simeji 今年の顔文字大賞2020 映えある今年の「Simeji 今年の顔文字大賞2020」は「ぴえん」

  「Simeji」ユーザーからは「令和版『あはれ』」「自分の感情をあざと可愛く表せるから」というコメントもあった「ぴえん」。「悲しみ」の気持ちの表現を「かわいさ」へと置き換えたもので、「Simeji」スタッフは「コミュニケーションの成熟を感じさせられる」と評しています。


Simeji 今年の顔文字大賞2020 1位は「ぴえん」。ただ、「悲しい」だけじゃ終わらせない!?

 第2位はウイルスにパンチをお見舞いする顔文字「ころな」。新型コロナウイルスにより自粛を求められた1年。「早く収束して欲しい」「終わりがみえないのでせめてグーパンチしたい!!」と、ユーザーからはなるべく早い収束を願う声が寄せられていました。また、「コロナのせいで色々潰れてしまったので、パンチしたくなる気持ちになる」と、自粛によりイベントやレジャーが楽しめない怒りを、せめてかわいく、面白く表現したというようなコメントも。


今年の顔文字大賞2020 ノミネートされた絵文字。新型コロナウイルスにパンチをしている絵文字で「ころな」と読ませる。力技です

 第3位の「ほげ」も「分からない」という気持ちを「かわいく」表した絵文字。「自分の都合が悪い時に使いやすい上に、相手をあまり怒らせないから」「可愛らしさもありつつイラッとさせずに送れると思ったから」など、相手へのリアクションが難しい気まずい状況を、人間関係を悪くせずやり過ごしたいという意図もうかがえます。

 そして、第4位にランクインしたのは「ちゅう」です。「感謝、喜び、ラブ、大好き、ありがとう、最高…など たくさんの意味で使っています」「おねだりする時に使う」など、幅広い意味でつかわれるほか、「コロナで会えない時に文章の最後に、会えない切なさを絵文字で伝えた」など、今年ならではのコメントもありました。


Simeji 今年の顔文字大賞2020 「歴代の顔文字大賞」。今年で7年目となる。「顔文字大賞」「どや」「おこ」が意外と近年であることに衝撃……

 「Simeji」スタッフは2020年の結果を振り返り、支持された絵文字には「悲しみ」「分からない」などネガティブな感情をかわいさに転換する「ネガティブの昇華」という傾向があるとし、長く自粛期間が求められらた環境下でも「洗練されたテキストコミュニケーションが開花しているようだ」と述べています。

ハイテンションに今年の総評を語る!

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン