ニュース
» 2020年12月07日 21時10分 公開

「@cosmeベストコスメアワード2020」から見る、2020年のコスメのトレンド マスク生活で「ノーカラー」なアイテムが人気に

売れ筋から世相が見えてきます。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」が「@cosmeベストコスメアワード2020」を発表しました。2020年はコスメの売れ筋にも、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響があるようです。


@cosmeベストコスメアワード2020 2020年の@cosmeベストコスメアワード総合大賞は、ランコム「ジェニフィック アドバンスト N」

 総合大賞を受賞したのは、ランコムの「ジェニフィック アドバンスト N」。2009年の初代発売後、2度のリニューアルを経て、ベストコスメアワードの「美容液」部門で何度も1位となったロングセラー商品です。

 2020年は特に、ネット上の高評価口コミがたくさんの人の購入の後押しとなったようです。


@cosmeベストコスメアワード2020 総合トップ10のランキング


@cosmeベストコスメアワード2020 2019年のトップ3との企画。3アイテムでもその年のトレンドが伺えます

 続く2位は、イプサの化粧水「ザ・タイムR アクア」がランクインしました。

 注目は、3位以降のランキングです。3位は、無色00番が人気のコスメデコルテ「フェイスパウダー」、4位はセザンヌ「パールグロウハイライト」、5位はイニスフリーの「ノーセバム ミネラルパウダー」がランクインしています。

 2020年は、ファンデーションが上位にランクインせず、トップ5に入ったコスメはすべてノーカラーアイテムという結果になりました。これには、マスクへの色移りを避けつつ、マスクにより顔が平坦で暗く見えないよう、明るい表情を演出したいという心理が働いているようです。


@cosmeベストコスメアワード2020 コスメデコルテ「フェイスパウダー」 00 translucent(@cosmeより)

 6位は、NMB48の吉田朱里さんプロデュースのB IDOL「つやぷるリップ」。10位以内に唯一ランクインしたリップアイテムです。

 B IDOLの人気アイテム・つやぷるリップは、カラーリップだけでなく、10月に発売された新色「すっぴんCLEAR」も話題に。無色透明ですが、ツヤ感があるため血色がよく見え、マスクへの色移りを抑えつつメイクを楽しめるアイテムとして支持を集めました。


@cosmeベストコスメアワード2020 YouTubeでメイク動画を発信する吉田朱里さん(アイドル・モデル)プロデュースしたコスメブランド、B IDOL。写真は「つやぷるリップ」の「すっぴんクリア」(@cosmeより)

 

 7位はキャンメイク「クリーミータッチライナー」、8位はポール&ジョーボーテ「プロテクティング ファンデーションプライマー」9位はmsh「ラブ・ライナー リキッドアイライナーR3」、10位はラロッシュポゼ「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」となりました。

 マスクメイクの鍵となるアイメイクのアイテムでは、クリーミータッチライナー、ラブ・ライナー リキッドアイライナーR3の、2つのアイライナーがランクインしています。

 2品は「マスクメイクのためにアイライナーに注目が集まった」だけでなく、「品質の良さ」と「絶妙な色味」という口コミが多く、商品そのものの魅力が評価されていました。


@cosmeベストコスメアワード2020 クリーミータッチライナー 人気の「 No.02 ミディアムブラウン」(@cosmeより)

 長く支持され続けている美容液や、無色のフェイスパウダー、透明なリップといった元々の肌・唇の色合いを生かせるアイテムなど、2020年は世相を反映した「手堅い」化粧品がトレンドのようです。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン