ニュース
» 2020年12月07日 21時00分 公開

3DSの「うごメモ」で制作したハイクオリティーアニメ「うごメモ戦士」、4年がかりでついに完成 今こそ伝説に立ち会うとき (1/2)

4年間の苦労が詰まった34分間!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ニンテンドー3DS用のパラパラ漫画作成ツール「うごくメモ帳3D」を使い、4年もの歳月をかけて描いたという自主制作アニメ、「うごメモ戦士」が完成しました。いよいよ伝説が始まる……!


うごメモ戦士 4年間の努力がついに結実!

うごメモ戦士 アバンから激しいバトルシーンが展開。めっちゃよく動く……!

うごメモ戦士 特に格闘戦がかっこいい

うごメモ戦士 おとぼけ風味の日常パートもいい感じ

 同作はアニメーターのミラーパネル(@denntisinnYouTubeチャンネル)さんが、1人で描き続けてきたアニメ。主人公の久郷(くごう)モメたちが、画力を戦闘力に変換して戦う「うごメモ戦士」となって絵師を守るバトルものです。

 3DS LLによる作画は、PCでの着色・編集を経て動画に。その豊かに動くアニメーションは、予告編が公開された9月の時点で「もはやうごメモじゃない」「伝説の始まりを予感させる」と大きな反響を呼んでいます(関連記事)。

 その3カ月後に34分尺もの本編映像は完成し、満を持して公開されました。期待を裏切らないクオリティーは、「うごメモの無限の可能性を感じた」「伝説に立ち会った感がすごかった」「何度見返しても新しい発見がある」と大好評。Twitterではハッシュタグ「うごメモ戦士展示会」が作られ、早くも多数のファンアートが投稿されています。

 長年の制作をやり遂げたミラーパネルさんは、YouTubeチャンネルで記念の生放送を12月18日19時30分と12月20日20時に開催。制作の裏話や続編について語るそうです。伝説はまだまだ終わらない?

動画提供:ミラーパネル(@denntisinnYouTubeチャンネル)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン