ニュース
» 2020年12月08日 23時05分 公開

大作ゲーム「サイバーパンク2077」の利用規約が話題に 「ヤバいことはするなよ」世界観に準じた要約文が楽しい

プレインストールの時点で起動を試みると、キアヌ・リーブス演じるキャラクターにたしなめられるなんて遊びも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大作オープンワールドゲーム「サイバーパンク2077」(PlayStation 4、Xbox One、PC)が、いよいよ12月10日発売。直前に公開されたライセンス同意書が、「利用規約から楽しめるゲームがいまだかつて存在しただろうか」と注目を集めています。文体や構成が世界観に準じていて、読み物として面白い。


サイバーパンク2077 お堅い規約分の隣に、フレンドリーな要約文が掲載


 「こんにちは! サイバーパンク2077に興味を持って頂き、ありがとうございます」と、同意書のページはフレンドリーにスタート。「お客様がやっていいこと(および、やってはダメなこと)を説明しています」と平易に説明したうえで、法的拘束力を持つ全文に加え、「法律用語の解釈に詳しい、ナイトシティ在住の生粋のサイバーパンクが書いた」とする、「理解に役立つ非公式の要約バージョン」を盛り込んだと伝えます。もう前書きの時点でだいぶノリノリ。

 そしてこの要約バージョンがかなり秀逸。

  • 「会社の側としては、サイバーパンク2077 の動作に関しては、君たちに責任を押し付けることはない」
  • 「だが、本当にやっかいなトラブルが持ち上がり、おまけにこの同意書に違反してトラブルの原因を作ったのが君たちである場合には、会社は君たちに『賠償』を求めることもある」
  • 「だから俺からも、『ヤバいことはするなよ』とアドバイスはしておく」

など、世界観に即したクセの強い文体で、規約の要点を分かりやすく伝えてくれます。とかく読み飛ばされがちな規約文も、これならもっと読まれそう。


サイバーパンク2077 規約のデリケートな部分を優しくシンプルに説明


 発売前から楽しめる「サイバーパンク2077」はダウンロード版のプレ配信が始まっており、予約購入者は既にインストールが可能。PC版では発売日前に起動を試みると、キアヌ・リーブスが演じるキャラクター「ジョニー・シルヴァーハンド」から「まだ12月10日じゃないぞ」と、メッセージでたしなめられます。作り手がとことん遊んでる……!


サイバーパンク2077 ランチャーやショートカットから起動すると、「Go back to sleep, Samurai. It's not December 10th yet!」(寝てろよサムライ。まだ12月10日じゃないぞ!)と、キアヌ様からおしかりの言葉が

キアヌ・リーブスが演じるジョニーは伝説のアーティスト。もう1人の主人公とも言われています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン