ニュース
» 2020年12月09日 21時25分 公開

ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪(1/2 ページ)

「「本当に必要とされている方々に喜んでいただく」「日々メーカー様と交渉し確保した在庫を、転売目的の方々に渡したくない」とコメント。

[ねとらぼ]

 ノジマ公式Twitterは、モバイル会員向けに実施したプレイステーション 5の抽選販売にて、転売目的の購入を防ぐために人力での精査を行ったことを明かしました。あわせて、当選発表に遅れが生じたことを謝罪しています。




 今なお激しい“争奪戦”が繰り広げられているPS5。遊びたい人の手元に行き渡っていない中、各種ECサイトやフリマアプリでは転売業者による高額販売が問題となっており、ソニー・インタラクティブエンタテインメントがメルカリに協力を要請したニュースも注目を集めました。

 そうした状況下で、ノジマは転売目的の購入者を排除する“精査”を実施。詳細な方法は明かされていませんが、約12万件の応募に対し、1件ずつ人力で最終確認を行ったと述べています。

 ノジマ公式Twitterは今回の施策について「本当に必要とされている方々に喜んでいただく為。また、その為に日々メーカー様と交渉し確保した在庫を、転売目的の方々に渡したくない、という強い思いがあるからです」とコメント。

 また、転売目的の購入者がTwitterで当選報告を行っている件について、「精査の内容が十分でなく、一部、転売目的の応募者に当選してしまっていることに関しましては、お詫び申し上げます」と謝罪しました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.