ニュース
» 2020年12月10日 17時55分 公開

東宝、11月の興行成績は驚異の前年度比1063% 「鬼滅の刃 無限列車編」が大きく後押し

鬼滅効果すごい。

[ねとらぼ]

 東宝は12月9日、映画営業部門の2020年11月の興行成績速報を発表しました。2019年同月の興行収入と比較すると、なんと1063%と驚異の進捗を見せています。

東宝が興行成績速報を発表 前年度比1063%というものすごい数字(公式サイトより)

 興行成績速報は、東宝映画営業部が配給した作品の興行収入を集計したもの。2020年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大の影響もあり、3月〜5月には多くの映画館が休館を余儀なくされていました。そのため、興行収入も4月は前年度比1.3%、5月は0.6%と非常に低い水準に。夏休みの8月には前年度比77.7%まで回復したものの、9月は53.2%と好調とは言えない結果となりました。

東宝が興行成績速報を発表 2020年の興行成績一覧(公式サイトより)
東宝が興行成績速報を発表 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のビジュアル

 しかし10月16日に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開されると、興行収入は一気に右肩上がりに。10月は前年度比443%、11月は1063.3%と驚異の勢いを見せています。

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、12月6日までの公開52日間で約288億の興行収入を記録。日本の興行収入第1位の千と千尋の神隠し(約308億円)に迫る勢いで観客数を増やしています。なお、11月の稼働作品は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のほか、「STAND BY ME ドラえもん 2」「罪の声」「浅田家!」「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」などとなっています。

 一方で、年単位で見てみると、11月までの興行収入は前年度比の80%。「鬼滅の刃」ブームをもってしても、休館や外出自粛の影響が大きく響いていることがわかります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン