「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー 「大人のび太」は幼稚なダメ人間なのか? 解釈違いにドラ泣きMAX(2/4 ページ)

» 2020年12月11日 11時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 余談だが、前作「STAND BY ME ドラえもん」における大人のび太は、「ドラえもんに会ってみない?」と提案されても、「ドラえもんは僕の子どものときの友達だから」という理由で会わなかった。だが、今回は思い切りドラえもんに会ってしまっている。こうしたところに、前作の「子ども時代の思い出に耽溺しない、ちゃんとした大人のび太」をも否定するという、無神経な展開となっている。


3:そのままでいいわけがない

 さらなる問題は、大人のび太が中学生たちに追いかけられ、河原でしずかちゃん、スネ夫、ジャイアンとともに戦った後のこととだ。ここでしずかちゃんは「のび太さんはそのままでいいの!」と言うのである。

 そのままでいいわけがない。まず、中学生たちに追いかけられたのは大人のび太が自分で蒔いた種であり、ここでケンカに巻き込まれてしまうしずかちゃんを助けるのは、無茶をしているとかそういう問題ではない。この流れでそのセリフはおかしいし、前述した「イキり散らす幼稚な大人のび太」を肯定したようにも思えてしまう。

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー なぜ「幼稚な大人のび太」は生まれてしまったのか? しずかちゃんがのび太のダメな部分まで肯定してしまう(画像は予告編より

 これは「ドラえもん」という作品の精神性にもひどく反しているように思う。ドラえもんがなぜのび太のところに来たのかと言えば、しずかちゃんと結婚をするという未来を手にするためだ。確かに子どものび太はダメ人間なのだが、しずかちゃんと結婚できる大人になれるように成長を是とする物語なのではないか。そうであるのに、ダメ人間のままの大人のび太に向かって、「成長しなくていい」としずかちゃん側に言わせるのは問題だろう。

 また、原作の「のび太の結婚前夜」(25巻収録)において、しずかちゃんのお父さんの「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね」という名言がある。これに対し「STAND BY ME ドラえもん2」ののび太が、最後のスピーチで“返答”となるセリフを口にする展開は良かった。だが、今回の物語全体を通して見ると、大人のび太がその“人間にとって一番大事なこと”ができているとは、全く思えないのである。

 そんな大人のび太のことを、結婚式のしずかちゃんは責めないどころか、「よくできました」とやはり子ども扱いをしたようなセリフを放ってしまう。さらに、子どもと入れ替わっていたのび太のことを「ニセモノだったでしょう」とも言う。

 ニセモノという言い方は、いくらなんでもないだろう。大人のび太はともかく、子どものび太はしっかり努力をして結婚式を成功させようとしていて、そのことをおばあちゃんにも褒められていたのに、それすらも台無しになってしまったようなガッカリ感があった。


4:山崎貴の“定められた運命”を良しとする作家性

 なぜ、「STAND BY ME ドラえもん2」が「成長しなくていい話」になってしまっているのかと言えば、それは前述の通り山崎の作家としての資質および、「ドラえもん」という作品の捉え方に起因している。過去に脚本を手掛けた作品を振り返ってみれば、そのことを裏付ける、実に興味深い一貫性があることが分かる。

 まず、山崎の劇場用長編デビュー作である「ジュブナイル」は、ドラえもんのファンが発表した同人作品「ドラえもんの最終回」が下敷きになっており、実際に読んだ山崎監督が、「居ても立っても居られない」ほどに感動したことがきっかけで企画がスタートしている。この同人誌の物語は「ドラえもんを作ったのは大人になったのび太であった」という過去と未来がつながる構造になっており、そのことが「ジュブナイル」の作劇でも踏襲されていた。


 そして、前作「STAND BY ME ドラえもん」は、原作のいったんの最終回である「さようならドラえもん」と、連載再開した時の「帰ってきたドラえもん」を合わせてクライマックスに持ってきている。これを長編映画の中で続けて見ると、のび太はジャイアンと対決して「ドラえもんから卒業する」という自立および成長をしたはずなのに、結局は“元のままに戻る”という話にも思えてしまうという問題があった。

 つまり、山崎監督は「ドラえもん」という作品を、「結局はこういう未来になる」という“定められた運命”の物語と捉え、それこそが良い話だと思っているフシがある。その価値観は、タイトルにまさに運命が入っている「DESTINY 鎌倉ものがたり」の作劇でも引き継がれていた。

 いや、「ドラえもん」という作品は、その全く正反対の、ドラえもんが来たことにより、のび太が「未来を変える」話ではなかったか? もちろん物語が人によっていろいろな捉え方ができるのは承知しているが、個人的には全くの解釈違いだったのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」