ニュース
» 2020年12月11日 11時30分 公開

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー 「大人のび太」は幼稚なダメ人間なのか? 解釈違いにドラ泣きMAX(2/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 余談だが、前作「STAND BY ME ドラえもん」における大人のび太は、「ドラえもんに会ってみない?」と提案されても、「ドラえもんは僕の子どものときの友達だから」という理由で会わなかった。だが、今回は思い切りドラえもんに会ってしまっている。こうしたところに、前作の「子ども時代の思い出に耽溺しない、ちゃんとした大人のび太」をも否定するという、無神経な展開となっている。


3:そのままでいいわけがない

 さらなる問題は、大人のび太が中学生たちに追いかけられ、河原でしずかちゃん、スネ夫、ジャイアンとともに戦った後のこととだ。ここでしずかちゃんは「のび太さんはそのままでいいの!」と言うのである。

 そのままでいいわけがない。まず、中学生たちに追いかけられたのは大人のび太が自分で蒔いた種であり、ここでケンカに巻き込まれてしまうしずかちゃんを助けるのは、無茶をしているとかそういう問題ではない。この流れでそのセリフはおかしいし、前述した「イキり散らす幼稚な大人のび太」を肯定したようにも思えてしまう。

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー なぜ「幼稚な大人のび太」は生まれてしまったのか? しずかちゃんがのび太のダメな部分まで肯定してしまう(画像は予告編より

 これは「ドラえもん」という作品の精神性にもひどく反しているように思う。ドラえもんがなぜのび太のところに来たのかと言えば、しずかちゃんと結婚をするという未来を手にするためだ。確かに子どものび太はダメ人間なのだが、しずかちゃんと結婚できる大人になれるように成長を是とする物語なのではないか。そうであるのに、ダメ人間のままの大人のび太に向かって、「成長しなくていい」としずかちゃん側に言わせるのは問題だろう。

 また、原作の「のび太の結婚前夜」(25巻収録)において、しずかちゃんのお父さんの「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね」という名言がある。これに対し「STAND BY ME ドラえもん2」ののび太が、最後のスピーチで“返答”となるセリフを口にする展開は良かった。だが、今回の物語全体を通して見ると、大人のび太がその“人間にとって一番大事なこと”ができているとは、全く思えないのである。

 そんな大人のび太のことを、結婚式のしずかちゃんは責めないどころか、「よくできました」とやはり子ども扱いをしたようなセリフを放ってしまう。さらに、子どもと入れ替わっていたのび太のことを「ニセモノだったでしょう」とも言う。

 ニセモノという言い方は、いくらなんでもないだろう。大人のび太はともかく、子どものび太はしっかり努力をして結婚式を成功させようとしていて、そのことをおばあちゃんにも褒められていたのに、それすらも台無しになってしまったようなガッカリ感があった。


4:山崎貴の“定められた運命”を良しとする作家性

 なぜ、「STAND BY ME ドラえもん2」が「成長しなくていい話」になってしまっているのかと言えば、それは前述の通り山崎の作家としての資質および、「ドラえもん」という作品の捉え方に起因している。過去に脚本を手掛けた作品を振り返ってみれば、そのことを裏付ける、実に興味深い一貫性があることが分かる。

 まず、山崎の劇場用長編デビュー作である「ジュブナイル」は、ドラえもんのファンが発表した同人作品「ドラえもんの最終回」が下敷きになっており、実際に読んだ山崎監督が、「居ても立っても居られない」ほどに感動したことがきっかけで企画がスタートしている。この同人誌の物語は「ドラえもんを作ったのは大人になったのび太であった」という過去と未来がつながる構造になっており、そのことが「ジュブナイル」の作劇でも踏襲されていた。


 そして、前作「STAND BY ME ドラえもん」は、原作のいったんの最終回である「さようならドラえもん」と、連載再開した時の「帰ってきたドラえもん」を合わせてクライマックスに持ってきている。これを長編映画の中で続けて見ると、のび太はジャイアンと対決して「ドラえもんから卒業する」という自立および成長をしたはずなのに、結局は“元のままに戻る”という話にも思えてしまうという問題があった。

 つまり、山崎監督は「ドラえもん」という作品を、「結局はこういう未来になる」という“定められた運命”の物語と捉え、それこそが良い話だと思っているフシがある。その価値観は、タイトルにまさに運命が入っている「DESTINY 鎌倉ものがたり」の作劇でも引き継がれていた。

 いや、「ドラえもん」という作品は、その全く正反対の、ドラえもんが来たことにより、のび太が「未来を変える」話ではなかったか? もちろん物語が人によっていろいろな捉え方ができるのは承知しているが、個人的には全くの解釈違いだったのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」