ニュース
» 2020年12月11日 11時30分 公開

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー 「大人のび太」は幼稚なダメ人間なのか? 解釈違いにドラ泣きMAX(3/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 同様の精神性は山崎監督の大ヒット作である「ALWAYS 三丁目の夕日」にも見られる。同作は「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」のフォロワーのように論じられることがある。だが、この2作も精神性としては全くの正反対だろう。後者は過去を懐かしがらせる組織の陰謀からの脱却を描く物語であるが、前者は昔の日本における人情話こそを良しとする作品なのだから。


 人情を尊ぶことそれ自体は全く問題ないのだが、今回の「STAND BY ME ドラえもん2」で大人のび太が過去に耽溺してしまうのは、その「ALWAYS 三丁目の夕日」のノスタルジーを全肯定する山崎監督の“らしさ”そのものではないか。

 さらに、山崎が総監督および脚本を手掛け、衝撃的なオチにより原作ゲームのファンから大批判を浴びた「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」では、あるキャラクターが「大人になれ」と言う。このセリフを放つのは悪役であるので、山崎監督の本音としてはやはり、その逆の「子どものままでもいいよね」なのだろう。その価値観が、今回の「STAND BY ME ドラえもん2」では幼稚な大人のび太を「そのままでいいの」と肯定する形で浮き彫りになってしまったように思うのだ。


 さらなる問題は、子どもののびたが物語の最後に、倒れてきた“忘れん棒”に頭をぶつけて一連の出来事をきれいさっぱり忘れてしまうことだ。これは「大人のび太がこの冒険を知らない」こととつじつまを合わせためなのだろうが、おかげで結婚成就のために奔走した子どものび太もまた成長しないまま、なんの学びも得ないままになってしまっている。ここにも、山崎監督が“定められた運命”こそが良い話だと思っていているのが、如実に表れてしまっているのではないか。

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー なぜ「幼稚な大人のび太」は生まれてしまったのか? しずかちゃんがのび太のダメな部分まで肯定してしまう(画像は予告編より


5:まとめ(観賞後に見てほしい映画)

 他にも問題点は山積みだ。しずかちゃんが完全無欠の聖女のような扱われ方をしていて、タイムテレビでは1年間失踪していたのび太を待ち続けていたりして、あまりにかわいそうだ。道具の“入れかえロープ”になぜか“意思”が存在していて、時間切れになっても何とか入れ替わった精神を元に戻すのに成功するというのもご都合主義がすぎる。結果的に、大人のび太は披露宴の序盤をまったく体験しないことになっている(子どものび太もその記憶を失う)し、タイムパラドックス的観点からも「あれ?タイムマシンやのび太やドラえもんが同時に2つ(人)存在していないか?」とモヤモヤしてしまったりもする。

 冒頭で記したように、本作にも良い点がないわけではない。原作で「悪いなあ、このゲーム3人用なんだよ」などとのび太をハブっていたはずのスネ夫が、大人になってからは“コネ”をのび太の結婚式のために使うという成長をしているのは大好きだ。子どものジャイアンが(直前に怒っていたはずだが)「のび太を殴っていいのは俺だけだ!」と加勢するシーンは原作の「ドラえもんに休日を!! 」(35巻収録)を思い出させて痛快だった。大人のび太が最後のスピーチにおいて、来場していた母と父たちに「あなたたちがライバルです」と対抗心を見せる様も、それ自体は感動的だ。

 その上で、もう少しだけでも、(最後のスピーチ以外での)大人のび太の成長や、ちゃんとした大人としての良いところを見せておけば、こんな気持ちになることはなかっただろう。

「STAND BY ME ドラえもん 2」スペシャルPV 〜菅田将暉「虹」ver.〜

 最後に、「STAND BY ME ドラえもん2」の後にぜひ見ていただきたい映画を3本あげておこう。「マリッジ・ストーリー」「ブルーバレンタイン」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」である。

 どれも「結婚後の地獄」をリアルに描いた作品であり、どこからどう見てもヤバい大人になってしまったのび太との結婚式がゴールとなっている本作の、アフターストーリーとして見られるからだ。結婚は、ちゃんとした大人になってからするべきだという当たり前のことを、きっと再認識できるだろう。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」