ニュース
» 2020年12月11日 11時30分 公開

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー 「大人のび太」は幼稚なダメ人間なのか? 解釈違いにドラ泣きMAX(3/4 ページ)

[ヒナタカねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 同様の精神性は山崎監督の大ヒット作である「ALWAYS 三丁目の夕日」にも見られる。同作は「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」のフォロワーのように論じられることがある。だが、この2作も精神性としては全くの正反対だろう。後者は過去を懐かしがらせる組織の陰謀からの脱却を描く物語であるが、前者は昔の日本における人情話こそを良しとする作品なのだから。


 人情を尊ぶことそれ自体は全く問題ないのだが、今回の「STAND BY ME ドラえもん2」で大人のび太が過去に耽溺してしまうのは、その「ALWAYS 三丁目の夕日」のノスタルジーを全肯定する山崎監督の“らしさ”そのものではないか。

 さらに、山崎が総監督および脚本を手掛け、衝撃的なオチにより原作ゲームのファンから大批判を浴びた「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」では、あるキャラクターが「大人になれ」と言う。このセリフを放つのは悪役であるので、山崎監督の本音としてはやはり、その逆の「子どものままでもいいよね」なのだろう。その価値観が、今回の「STAND BY ME ドラえもん2」では幼稚な大人のび太を「そのままでいいの」と肯定する形で浮き彫りになってしまったように思うのだ。


 さらなる問題は、子どもののびたが物語の最後に、倒れてきた“忘れん棒”に頭をぶつけて一連の出来事をきれいさっぱり忘れてしまうことだ。これは「大人のび太がこの冒険を知らない」こととつじつまを合わせためなのだろうが、おかげで結婚成就のために奔走した子どものび太もまた成長しないまま、なんの学びも得ないままになってしまっている。ここにも、山崎監督が“定められた運命”こそが良い話だと思っていているのが、如実に表れてしまっているのではないか。

「STAND BY ME ドラえもん2」ネタバレレビュー なぜ「幼稚な大人のび太」は生まれてしまったのか? しずかちゃんがのび太のダメな部分まで肯定してしまう(画像は予告編より


5:まとめ(観賞後に見てほしい映画)

 他にも問題点は山積みだ。しずかちゃんが完全無欠の聖女のような扱われ方をしていて、タイムテレビでは1年間失踪していたのび太を待ち続けていたりして、あまりにかわいそうだ。道具の“入れかえロープ”になぜか“意思”が存在していて、時間切れになっても何とか入れ替わった精神を元に戻すのに成功するというのもご都合主義がすぎる。結果的に、大人のび太は披露宴の序盤をまったく体験しないことになっている(子どものび太もその記憶を失う)し、タイムパラドックス的観点からも「あれ?タイムマシンやのび太やドラえもんが同時に2つ(人)存在していないか?」とモヤモヤしてしまったりもする。

 冒頭で記したように、本作にも良い点がないわけではない。原作で「悪いなあ、このゲーム3人用なんだよ」などとのび太をハブっていたはずのスネ夫が、大人になってからは“コネ”をのび太の結婚式のために使うという成長をしているのは大好きだ。子どものジャイアンが(直前に怒っていたはずだが)「のび太を殴っていいのは俺だけだ!」と加勢するシーンは原作の「ドラえもんに休日を!! 」(35巻収録)を思い出させて痛快だった。大人のび太が最後のスピーチにおいて、来場していた母と父たちに「あなたたちがライバルです」と対抗心を見せる様も、それ自体は感動的だ。

 その上で、もう少しだけでも、(最後のスピーチ以外での)大人のび太の成長や、ちゃんとした大人としての良いところを見せておけば、こんな気持ちになることはなかっただろう。

「STAND BY ME ドラえもん 2」スペシャルPV 〜菅田将暉「虹」ver.〜

 最後に、「STAND BY ME ドラえもん2」の後にぜひ見ていただきたい映画を3本あげておこう。「マリッジ・ストーリー」「ブルーバレンタイン」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」である。

 どれも「結婚後の地獄」をリアルに描いた作品であり、どこからどう見てもヤバい大人になってしまったのび太との結婚式がゴールとなっている本作の、アフターストーリーとして見られるからだ。結婚は、ちゃんとした大人になってからするべきだという当たり前のことを、きっと再認識できるだろう。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」