ニュース
» 2020年12月11日 15時12分 公開

肌表面を変えて蚊を避けられることを花王が発見 従来の虫よけと違う方法で刺されることを防ぐ

地球上で最も人を殺す生物に新しい対策ができそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 花王は、肌にシリコーンオイルを塗ると、肌表面が蚊の嫌う状態に変化し、蚊の吸血を防げると発表しました。

蚊が即座に逃げ出す肌表面技術
花王、肌表面を変えて蚊をよけられると発見 従来虫よけと違う方法で蚊に刺されることを防ぐ 低粘度のシリコーンオイルで肌が変化

 肌に低粘度のシリコーンオイルを塗ることで、“濡れ現象”が発生し、蚊が肌にとどまるのを防ぐというもの。蚊をとまらせないことで蚊よけをする、新しい着眼点が特徴です。蚊は肌に着地してから脚を使って体制を整え、血を吸い始めます。そのため、肌表面に何かを塗り、着地してすぐにその場を離れさせられれば、吸血を防ぎやすくなると研究チームは考えました。

 調査の結果、低粘度のシリコーンオイルが特に強い効力を発揮することが判明。何も塗らない肌は平均85%の蚊が血を吸ったのに対し、低粘度のシリコーンオイルを塗布した肌では平均4%の蚊が血を吸うという結果になりました。

花王、肌表面を変えて蚊をよけられると発見 従来虫よけと違う方法で蚊に刺されることを防ぐ 肌の状態を確認するとすぐに離脱(画像はYouTubeより)

 蚊の脚はとても高い撥水(はっすい)性を持っていますが、低粘度のシリコーンオイルは接触してから短時間で脚に広がります。濡れ広がる量はわずかですが、体の大きさと比べると、蚊にとっては脅威となるため、すぐに飛び立ってしまうようです。

 また、自然界にある成分として、赤い汗として知られるカバの分泌液がこの現象に似ていて、蚊が血を吸うのを防いでいることも確認されました。

 花王では今後、今回の研究で発見した成果をもとに、新製品の開発を進めるといいます。

花王、肌表面を変えて蚊をよけられると発見 従来虫よけと違う方法で蚊に刺されることを防ぐ カバの赤い汗でも似たような現象を確認

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.