ニュース
» 2020年12月11日 18時21分 公開

2020年の流行「全集中」な商店会ポスターが「もはや潔い」と話題 86歳の炭治郎は何者? 話を聞いた

「全集中!年末年始スタンプラリー」「倍返しの恩返し!」「ニジュー万円だ!」

[ねとらぼ]

 宮城県気仙沼市田中前地区の商店会「粋活街(いきいきたうん)」が、2020年の流行を全部乗せしたポスターを掲示し、「ここまでくると潔い」「笑った」とTwitterで注目されています

 中でも目を引くのが、ポスター中央で「全集中!」なコスプレを披露している赤間名誉会長(86歳)です。一体何者なのか、商店会に話を伺いました。


画像提供:粋活街

 「全集中!年末年始スタンプラリー」「倍返しの恩返し!」「ニジュー万円だ!」――どこかで聞いた惹句が躍る気仙沼市「粋活街」のポスター。商店会の恒例行事であるスタンプラリーを宣伝するもので、実は“流行全部乗せ”もおなじみとなっているようです。

 現会長の三浦喜市さんによれば、こうしたポスターの制作が始まったのは2013年。同年流行した連続テレビ小説「あまちゃん」にかけて、前会長の赤間文彌さんが「あかまちゃん」に扮(ふん)したコスプレ写真を使用したところ、もともとの人望も相まって地域から好評。その後も「空前絶後のサンシャイン赤間」などさまざまなパロディを披露してきました。

画像提供:粋活街

 「流行語が少ない年はコスプレのネタに苦労しますが、2020年はダントツでこれだろうと。すぐに決まりました」と三浦さん。当の赤間さんは格好の意味までは分からないものの、コスプレに対しては協力的で、写真は「例年ほぼ一発撮り」なのだとか。

 20年ほど前に始まったスタンプラリー自体も地域にすっかり定着し、開催期間は商店会が活性化する人気行事になっているとのこと。2020年末は12月11日〜翌年1月11日開催。特賞は「make you happy」なNiziU(20)万円分の商品券です。


画像提供:粋活街

画像提供:粋活街

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン