ニュース
» 2020年12月12日 08時30分 公開

「ジャンプ+」に「インディーズ連載枠」が新設 毎月Web投稿作品上位から連載化へ

新たな連載方式が!

[ねとらぼ]

 集英社はWeb漫画サイト「ジャンプ+」上に、個人で連載できる「インディーズ連載枠」を創設すると12月11日に発表しました。


 インディーズ連載枠の作品は編集部がネームチェックを行わない※のが特徴(※表現等、掲載基準に達しているかの確認は行うとのこと)。原稿料は各話の閲覧数に応じてプラスアルファが支払われる仕組み。1ページあたりの原稿料は5000円がベースになり、閲覧数が10万増えるごとに1500円(最大で1万5000円)加算されます。


 インディーズ連載枠に掲載する作品は、漫画投稿サービス「ジャンプルーキー!」内に新しくスタートした「ジャンプ+連載争奪ランキング」で毎月選出。月間ランキング1位を獲得した作品が、1年以内にインディーズ連載枠としてスタートする権利を得ます。連載ペースは週刊、もしくは隔週刊を想定。

 この施策により、作家側の「商業誌では連載したいけど担当とのやりとりが億劫」「商業経験が浅いと原稿料が安くて不公平」といったニーズに応えられるとしています。

 また、2020年12月から2021年2月は、創設記念キャンペーンとして、連載権授与枠が3倍になるキャンペーンも開催。「連載争奪ランキング」上位3作品がインディーズ連載権を得られます。インディーズ連載ではコミックス(紙・電子)の刊行が確約されないことや、連載終了後1年間は集英社が出版権・有料での配信権を持つといった諸注意も。詳しくは公式サイトで確認できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.