ニュース
» 2020年12月12日 16時07分 公開

特務機関NERVが山寺宏一さんによる「防災啓発動画」公開 「加持さん!」「映像としてもかっこいい」

2019年に誕生した新しい地図記号「自然災害伝承碑」の存在を伝えています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ゲヒルンが運営する防災情報アカウント「特務機関NERV(@UN_NERV)」は、防災意識の向上を呼びかける防災啓発動画を公開しました。2019年に生まれた「自然災害伝承碑」の地図記号を紹介する内容で、「新世紀エヴァンゲリオン」加持リョウジ役でおなじみの山寺宏一さんがナレーションを担当しています。




 「自然災害伝承碑」とは、自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントのこと。当時の被災者が教訓を後世に伝えるべく遺してくれたものです。動画では、新設されたばかりの地図記号と共に、“石という最も強固な記録メディア”に刻んでまで伝えたかった先人たちのメッセージについて紹介しています。

 動画を見たエヴァファンからは「知らなかった」「ためになった」という声に加え、「加持さん!」とキャスティングへの興奮や、ネルフ本部に表示されていそうなハイセンスな映像への称賛が寄せられました。


特務機関NERV 自然災害伝承碑 山寺宏一 加持リョウジ CM 動画

特務機関NERV 自然災害伝承碑 山寺宏一 加持リョウジ CM 動画

特務機関NERV 自然災害伝承碑 山寺宏一 加持リョウジ CM 動画 2019年3月に制定された「自然災害伝承碑」の地図記号

 防災啓発動画は全4篇を予定。2021年1月11日に「津波の歴史」篇、2月11日に「1秒でも早く伝えるために」篇、3月12日に「私たちの義務」篇が配信されます。4篇に共通するメインメッセージは「この地で生きる以上、必ず備えてほしい」。映像制作はmimoid inc.と杉山峻輔さん、音楽制作はパソコン音楽クラブです。

 また現在「地理院地図」では、地方公共団体と連携して収集した自然災害伝承碑の情報を掲載しており、地図記号(アイコン)から伝承内容を読むことができます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.