ニュース
» 2020年12月13日 20時00分 公開

ある作家の死が「本の世界」を教えてくれた 読書にのめり込んだきっかけを描いた漫画に反響続出 (1/2)

のめり込める作品に出会えたことの幸福。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 本好きの人の中には、その作品世界に我を忘れて入り込んでしまった大切な1冊、というのを持っている人もいるのではないでしょうか。Twitterにエッセイ漫画を投稿しているたぬ£ポンド(@tan_uk_ijiru)さんが小学生時代に読んだ『氷点』との出会いを漫画にしたところ、読者から多くの共感を呼んでいます。

 たぬ£ポンドさんが『氷点』に巡り合ったのは、作者の三浦綾子さんの訃報が報じられたその日でした。三浦綾子さんのことはもちろん、作品も知らなかったたぬ£ポンドさん。ニュースを見て興味を示したたぬ£ポンドさんに、母親が『氷点』の簡単なあらすじを教えてくれました。

 しかし「凄いのが卒業式のシーン!」とまで言ったのに、肝心なところでストップ。「あとは自分で読んでみたら?」。そう言った母親は、翌日『氷点』を買ってきてくれました。

三浦綾子 氷点 考察 作者本人の死をきっかけに『氷点』に出会いました

 最初は卒業式がどうなったのかを確認できれば良いと思って読み始めたのに、ドキドキしながら最後まで読了。ラストで心が切れてしまいそうな程の衝撃を受け、その勢いのまま『続・氷点』を、泣きながら読み終えてしまいました。

 その衝撃は翌日まで引きずってしまうほどで、心配した友人に事情を話すとその友人も『氷点』の虜に。一緒になって『氷点』の解釈を探求するために、他の三浦綾子作品まで手を伸ばすことになりました。

三浦綾子 氷点 考察 自分で物語を読み解いていくのは楽しいですね

 作者の死をきっかけに知った本が多くの作品を読むことにつながり、さらには子どもから大人へと変質していくことになったたぬ£ポンドさん。読者から「すてきな読書体験」「このツイートをきっかけに『氷点』一気読みした」「また最初から読みたくなった」など、漫画に引き込まれた人からの感想が届いています。

 三浦綾子記念文学館では『氷点』を始めとした三浦綾子作品の冒頭を公開しているので、気になった人はまずはこちらを読んでみると良いかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン