ニュース
» 2020年12月16日 12時33分 公開

「くまのプーさんのホームランダービー!」本日16日16時に終了 ネット上では別れを惜しんだり惜しまなかったりする声(1/2 ページ)

ハランデイイはもうできない……できないんだ……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日12月16日16時ごろ、「Yahoo!きっずゲーム」配信終了に伴い、“プニキ”こと「くまのプーさんのホームランダービー!」も配信を終了します(ディズニーサイト版はすでに配信終了)。名作にして迷作ゲームの終了に、ネット上ではさまざまな声が寄せられています。プ・リーグ、ついに閉幕……!


くまのプーさんのホームランダービー Yahoo!きっずゲーム Flash 終了 プニキ ロビカス みんな大好きタイトル画面(画像はYahoo!きっずゲームから)

 「くまのプーさんのホームランダービー!」は、くまのプーさんが同作のキャラクターたちの投球から何本ホームランを打てるか競うというもの。しかし、そのファンシーなコンセプトと「きっずゲーム」のカテゴリーに180度反した、大人もマジ切れしかねない異常な難易度に設定されているのが最大の特徴です。

 そのあまりのガチっぷりから一周してある種のネタゲーとして人気を博し、いつしか主人公のプーさんは勇姿をたたえ「プニキ」、ラスボスのロビンは怒りと憎しみと畏敬の念を込め「ロビカス」と呼ばれるようになっていきました。その人気ぶりは、ことあるごとにリンクが貼られてはみんなで「ハランデイイ」と返すのが定番のネタとして一部で定着していたほど。

 そんな人気ゲームがとうとう終了を迎えることになり、ネット上では「ロビカス達成できんかったーーーーーーーーー!!」「1カ月前も毎日プニキ漬けでずっとロビカスと戦ってきたけど結局無理だった」「今日の16時でプニキがサービス終了だからやった方がええで」「プニキよ永遠に……」「軽く泣きそうながらも最初からやり直してる」「プニキ…良いやつだったぜ…」など、別れを惜しんだり惜しんでなかったりする声が多数寄せられています。

 ありがとうプニキ、フォーエバープニキ、ファッキンロビカス。最後に、この文字列で本稿を〆たいと思います。

https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる