ニュース
» 2020年12月16日 12時33分 公開

「くまのプーさんのホームランダービー!」本日16日16時に終了 ネット上では別れを惜しんだり惜しまなかったりする声 (1/2)

ハランデイイはもうできない……できないんだ……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 本日12月16日16時ごろ、「Yahoo!きっずゲーム」配信終了に伴い、“プニキ”こと「くまのプーさんのホームランダービー!」も配信を終了します(ディズニーサイト版はすでに配信終了)。名作にして迷作ゲームの終了に、ネット上ではさまざまな声が寄せられています。プ・リーグ、ついに閉幕……!


くまのプーさんのホームランダービー Yahoo!きっずゲーム Flash 終了 プニキ ロビカス みんな大好きタイトル画面(画像はYahoo!きっずゲームから)

 「くまのプーさんのホームランダービー!」は、くまのプーさんが同作のキャラクターたちの投球から何本ホームランを打てるか競うというもの。しかし、そのファンシーなコンセプトと「きっずゲーム」のカテゴリーに180度反した、大人もマジ切れしかねない異常な難易度に設定されているのが最大の特徴です。

 そのあまりのガチっぷりから一周してある種のネタゲーとして人気を博し、いつしか主人公のプーさんは勇姿をたたえ「プニキ」、ラスボスのロビンは怒りと憎しみと畏敬の念を込め「ロビカス」と呼ばれるようになっていきました。その人気ぶりは、ことあるごとにリンクが貼られてはみんなで「ハランデイイ」と返すのが定番のネタとして一部で定着していたほど。

 そんな人気ゲームがとうとう終了を迎えることになり、ネット上では「ロビカス達成できんかったーーーーーーーーー!!」「1カ月前も毎日プニキ漬けでずっとロビカスと戦ってきたけど結局無理だった」「今日の16時でプニキがサービス終了だからやった方がええで」「プニキよ永遠に……」「軽く泣きそうながらも最初からやり直してる」「プニキ…良いやつだったぜ…」など、別れを惜しんだり惜しんでなかったりする声が多数寄せられています。

 ありがとうプニキ、フォーエバープニキ、ファッキンロビカス。最後に、この文字列で本稿を〆たいと思います。

https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン