ニュース
» 2020年12月18日 17時33分 公開

「コロナはただの風邪」「なんで鬼滅観てないの」 2021年に持ち越したくない「流行禁句大賞2020」が強烈

2020年に置いていきたい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 2020年を振り返り、翌年に持ち越したくない言葉を選ぶ「#流行禁句大賞2020」のノミネート禁句が発表されました。「コロナはただの風邪」「日本には人種差別などない」「なんで鬼滅観てないの」など、強烈な印象を残した言葉が並んでいます。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる 来年に持ち越したくない言葉をチョイス
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる 特定の立場の人に対する差別や嘲笑が目立ちます

 「#流行禁句大賞2020」を主催する「21世紀学び研究所」は、企画の目的は大賞を決定することではなく、多様な人の立場に立って考え、話し合うことだとしています。

 ノミネートされた言葉は全部で20句。情報番組やSNS、アンケートから「言われたら嫌」「使わないようにしよう」と思う言葉を収集し、4人の審査員が選出しました。

 足立区議員が議会で発言した「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」、BLM運動やナイキのCMで浮き彫りとなった「日本には人種差別などない」、中年男性への偏見に満ちた「こども部屋おじさんヤバい」ほか、差別意識から生まれた用語が多数ノミネート。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる

 また「医療従事者の子どもは保育園通わせないで」「他県のナンバープレート来んな」「ごめんしばらく帰省しないで」など、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連の用語が多くノミネートされた背景には、心無い発言を持ち越したくない思いに加え、事態の収束を願う意味も込められています。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる

 ノミネート禁句と審査員は以下の通り。12月17日から27日までの期間に最もツイート数が多かった言葉が大賞に決定します。

ノミネート禁句

  • 「医療従事者の子どもは保育園通わせないで」
  • 「俺は家事も育児もやっている方」
  • 「今日も家にいるの?」
  • 「介護士は休むな」
  • 「こども部屋おじさんヤバい」
  • 「ごめんしばらく帰省しないで」
  • 「コロナにかかってごめんなさい」
  • 「コロナにつき外国人お断り」
  • 「コロナはただの風邪」
  • 「女性はいくらでも嘘をつける」
  • 「スポーツ選手は政治的発言をするな」
  • 「他県のナンバープレート来んな」
  • 「なんで鬼滅観てないの」
  • 「日本には人種差別などない」
  • 「誹謗中傷される方も悪い」
  • 「夜の街は全店営業を停止しろ」
  • 「リモート授業でラッキーだね」
  • 「リモートワークはサボるから禁止」
  • 「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」
  • 「若者がコロナを広げている」

審査員

  • 軍地彩弓(編集者、ファッション・クリエイティブ・ディレクター)
  • 津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト、ポリタス編集長)
  • ヨッピー(ライター)
  • 熊平美香(一般社団法人 21 世紀学び研究所 代表理事)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10