ニュース
» 2020年12月18日 17時33分 公開

「コロナはただの風邪」「なんで鬼滅観てないの」 2021年に持ち越したくない「流行禁句大賞2020」が強烈

2020年に置いていきたい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 2020年を振り返り、翌年に持ち越したくない言葉を選ぶ「#流行禁句大賞2020」のノミネート禁句が発表されました。「コロナはただの風邪」「日本には人種差別などない」「なんで鬼滅観てないの」など、強烈な印象を残した言葉が並んでいます。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる 来年に持ち越したくない言葉をチョイス
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる 特定の立場の人に対する差別や嘲笑が目立ちます

 「#流行禁句大賞2020」を主催する「21世紀学び研究所」は、企画の目的は大賞を決定することではなく、多様な人の立場に立って考え、話し合うことだとしています。

 ノミネートされた言葉は全部で20句。情報番組やSNS、アンケートから「言われたら嫌」「使わないようにしよう」と思う言葉を収集し、4人の審査員が選出しました。

 足立区議員が議会で発言した「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」、BLM運動やナイキのCMで浮き彫りとなった「日本には人種差別などない」、中年男性への偏見に満ちた「こども部屋おじさんヤバい」ほか、差別意識から生まれた用語が多数ノミネート。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる

 また「医療従事者の子どもは保育園通わせないで」「他県のナンバープレート来んな」「ごめんしばらく帰省しないで」など、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連の用語が多くノミネートされた背景には、心無い発言を持ち越したくない思いに加え、事態の収束を願う意味も込められています。


「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる
「誹謗中傷される方も悪い」「介護士は休むな」 2021年に持ち越したくない言葉を集めた「流行禁句大賞2020」が強烈すぎる

 ノミネート禁句と審査員は以下の通り。12月17日から27日までの期間に最もツイート数が多かった言葉が大賞に決定します。

ノミネート禁句

  • 「医療従事者の子どもは保育園通わせないで」
  • 「俺は家事も育児もやっている方」
  • 「今日も家にいるの?」
  • 「介護士は休むな」
  • 「こども部屋おじさんヤバい」
  • 「ごめんしばらく帰省しないで」
  • 「コロナにかかってごめんなさい」
  • 「コロナにつき外国人お断り」
  • 「コロナはただの風邪」
  • 「女性はいくらでも嘘をつける」
  • 「スポーツ選手は政治的発言をするな」
  • 「他県のナンバープレート来んな」
  • 「なんで鬼滅観てないの」
  • 「日本には人種差別などない」
  • 「誹謗中傷される方も悪い」
  • 「夜の街は全店営業を停止しろ」
  • 「リモート授業でラッキーだね」
  • 「リモートワークはサボるから禁止」
  • 「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」
  • 「若者がコロナを広げている」

審査員

  • 軍地彩弓(編集者、ファッション・クリエイティブ・ディレクター)
  • 津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト、ポリタス編集長)
  • ヨッピー(ライター)
  • 熊平美香(一般社団法人 21 世紀学び研究所 代表理事)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる